インテリア

300年の歴史をもつ器ギャラリーが新店舗に。東京・小石川で愛される「会津屋」

EDITOR’S REPORT 編集部員が街に溢れる情報の中から読者の皆さまに役立つものを厳選して紹介します。新しくオープンしたレストランやショップ、アイディアが光る新商品など、日々の暮らしをより楽しく、豊かにしてくれる情報をお届けします。記事一覧はこちら>>

1717年に会津漆器の販売店として創業、300年の歴史をもつ「会津屋」。東京・小石川の再開発に伴い、2021年新店舗をオープン。

店舗内

「力強くも、現代のテーブルに溶け込む日常の器が揃います」と話す11代目杉田幸一郎さんの言葉どおり、まるで自宅にいるかのように暮らしをイメージしやすい和みの空間。

カップ

左:加倉井秀昭さんのカップ(径、高さ7.5センチ、1万6500円) 右:松尾一朝さんの酒盃(径6.3×高さ4.8センチ、1万1000円)

加倉井秀昭さんのカップや松尾一朝さんの酒盃など、これからの季節に合うガラス作家の作品も充実しています。

Information

会津屋

東京都文京区小石川1-5-1 パークコート文京小石川ザ・タワー PC-105

TEL 03(3816)1222
営業時間 11時~19時
定休日 不定休

https://www.aizuya.co.jp/

表示価格はすべて税込みです。

『家庭画報』2022年6月号掲載。
この記事の情報は、掲載号の発売当時のものです。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

8月号 7月1日発売

軽井沢の秘密/極上のあんみつ ほか

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading