インテリア

パリが生んだ香りの名門「ディプティック」世界最大級の店舗が表参道に

EDITOR’S REPORT 編集部員が街に溢れる情報の中から読者の皆さまに役立つものを厳選して紹介します。新しくオープンしたレストランやショップ、アイディアが光る新商品など、日々の暮らしをより楽しく、豊かにしてくれる情報をお届けします。記事一覧はこちら>>

1961年、パリのサン・ジェルマン大通り34番地で誕生した香りのブランド「diptyque(ディプティック)」。60周年を迎えた2021年11月、世界最大級となる新店舗が東京・表参道にオープンしました。

店内

フレグランスコレクションが飾られたグランドピアノや、ボディケアグッズが置かれた猫足バスタブのあるバスルームなど、カラフルで華やかな空間は、フランスのアパルトマンのような雰囲気。

ディプティック

おうち時間を豊かにしてくれる香りの人気が高まっている今、自分へのご褒美や贈り物としても最適です。

Information

diptyque(ディプティック)表参道

東京都渋谷区神宮前5-10-1 GYRE1階

『家庭画報』2022年2月号掲載。
この記事の情報は、掲載号の発売当時のものです。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

6月号 4月30日発売

絶景の開運スポットへ

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading