インテリア

シュガーボウルに一点ものの木製の蓋を誂えて。感性で遊ぶ、オーダーメイドの楽しみ

今のライフスタイルに合わせて選ぶ 新「洋食器」の楽しみ方 第4回(全18回) 愛着ある洋食器も、いつもと違うコーディネートや、新しいアイテムをプラスすることで、日常のテーブルが夢のようなシーンに変身します。洋食器をこよなく愛する、器づかいの達人の素敵な暮らしから今、取り入れたい「洋食器」の楽しみ方をお届けします。前回の記事はこちら>>

インテリアスタイリスト横瀬多美保さんの「マイ・フェイバリット」03

見立て、お誂えは大人ならではの楽しみ

茶器の蓋と茶杓は「中川木工芸 比良工房」で誂えたもの。楓の玉杢(たまもく)や、黒柿などの材が使われている。見立ての茶道具を入れているのは、横瀬さんが監修した「家庭画報通販」オリジナルの京指物

見立て、お誂えは 大人ならではの楽しみ

「家で過ごす時間が増えた2020年、ふとお茶を学び直したいと思ったんです。かしこまりすぎず、もっと自由な気持ちでテーブルの上で楽しめたらいいなと。そんな気持ちになった途端、大好きな洋食器をお茶の道具に使ってみたくなりました」と横瀬多美保さんが見せてくださったのは見立ての茶道具です。

芸術的な絵付けが美しい「ヘレンド」のボウルや、凜とした佇まいの「ジャン・ルイ・コケ」の白磁をお茶碗として。

お母さまの形見の「バカラ」のマスタードポットや、20年前にロンドンで見つけた「ウィリアム ヨーワードクリスタル」の桶型の器、「ロイヤルコペンハーゲン」のシュガーボウルは、木製の蓋を誂えて茶器に。柔軟な視点と感性で遊ぶ、大人ならではの風流な洋食器の楽しみ方です。

見立ての茶器の蓋は「中川木工芸 比良工房」でオーダー

見立て、お誂えは大人ならではの楽しみ

一点ものなので木目などは各々異なるが、見立ての茶器の蓋は「中川木工芸 比良工房」でオーダー可能。要相談の上、用意した器を送って預ける形で、納期は約3か月。

●関連記事を読む
ダイニングや書斎でお茶を楽しめる「京指物」の持ち運べる茶箱

横瀬多美保/Yokose Tamiho

横瀬多美保さん
インテリアスタイリスト、テーブルコーディネーターとして女性誌や料理本で活躍。百貨店などのディスプレーや商品開発にも携わる。モダン&エレガントな世界観にファンが多い。著書に『テーブルコーディネートから始まる 美しい暮らしのインテリア365日』(小社刊)。


〔特集〕今のライフスタイルに合わせて選ぶ 新「洋食器」の楽しみ方

01 「美しいテーブルを楽しむ暮らし」

02 集めて使うとなお可愛い “小さな器たち”

03 マグカップに「旅情」を重ねて

04 感性で遊ぶ、オーダーメイドの楽しみ

05 ルボンボン優子さんのシノワズリなティータイム

06 岡本啓子さんの、心ときめく「パリの白い陶器」

07 パリの白い陶器「アスティエ・ド・ヴィラット」

08 料理研究家・佐川久子さんの“今、そしてこれからも使っていきたい器”

09 揚げ物や和食を、華やかな「洋食器」に盛りつけて“リゾート風”のテーブルに

10 宮澤奈々さんが使いこなす「ロイヤルコペンハーゲン」

11 毎日のランチにも大活躍。「レイノー」のシノワなボウル

12 「イッタラ」初夏の爽やかなブランチ

13 「ベルナルド」のシャガール・コレクション

14 「ベルナルド」のジョアン・ミロ

15 「レイノー」のジャン・コクトー

16 アンティークな雰囲気が漂う「グッチ デコール」

17 「ディオール メゾン」のテーブルウェアコレクション

18 植物学とアートを融合させた「エルメス」新コレクション


この特集の掲載号
『家庭画報』2021年7月号

『家庭画報』2021年7月号

『テーブルコーディネートから始まる 美しい暮らしのインテリア365日』


『家庭画報』をはじめとする女性誌で活躍する、インテリアスタイリスト・横瀬多美保さん。ご自身の1LDKでの暮らしを1年間にわたり追った『家庭画報.com』の人気連載が、一冊の本になりました。コーディネートの組み立て方、“自分らしい”空間の作り方も初公開! 今すぐ活用できる暮らしのtipsが満載です。

撮影/本誌・西山 航 取材・文/鈴木博美

『家庭画報』2021年7月号掲載。
この記事の情報は、掲載号の発売当時のものです。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

9月号 7月30日発売

「本物印」の食材で最高の朝ごはん

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading