伝統工芸

青交趾 牡丹唐草鉢 当代香齋 作

青交趾 牡丹唐草鉢
当代香齋 作

寸法(約):径21×高さ10cm
価格:44万円(税込み)
販売点数:限定1点
桐箱入り

交趾とはベトナム南部の地名で、かつてそこから渡ってきた焼物のことを指し、京都で多くの写しが作られた。緑がかった青の地色に、牡丹の花を黄色、しべを金彩、葉を紫、蔓を水色、蕾を赤で表現した、華やぎのある鉢は、茶懐石では焚き合わせや強肴、また菓子器に使われる。

※ご購入にあたり、こちらの記事>>にある「真葛焼 特別販売のご案内」を必ずご確認ください。

撮影/武蔵俊介(世界文化ホールディングス写真部)

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2021年4月号3月1日発売

「わが家コンサート」のすすめ

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading