伝統工芸

石川県の伝統工芸を食卓で楽しむ、パステルカラーの漆器「うつろいボウル」

EDITOR’S REPORT 街に溢れるさまざまな情報の中から、家庭画報編集部員が読者の皆さまに役立つ情報を厳選してご紹介します。新しくオープンした店や、アイディアが光る新商品、地方発の注目情報など、日々の暮らしをより楽しく、豊かにしてくれる情報がきっと見つかります。記事一覧はこちら>>

3つの器が入れ子で重ねられる、爽やかなパステルカラーの漆器

石川県の伝統工芸、山中漆器を100年以上手がける「浅田漆器工芸」から、春夏秋冬をイメージした4色のパステルカラーの器が登場しました。

うつろいボウル

「うつろいボウル」と称したこのお椀は、修行僧が使う応量器から着想を得たデザインで、どれも3点セットで入れ子で重ねられるようになっています。

うつろいボウル

3点セットで1万4000円。

「外側はメタリック調の塗装を施しているのでどれも、淡い色合いになり、独特の光沢が出ました。マットな仕上げですが、内側は漆本来のつやのある塗りなので、そのコントラストも楽しんでいただきたいと思います」と語る浅田明彦さん。

色味はモダンでありながら、両側とも欅の木目が透けて見え、木の温もりが感じられます。塗りが薄くなってきたら塗り直しもできます(有料)。

Information

表示価格はすべて税抜きです。

『家庭画報』2020年6月号掲載。
この記事の情報は、掲載号の発売当時のものです。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2020年8月号 7月1日発売

創刊750号記念

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading