伝統工芸

伝統工芸の美、再発見【特別編】

家庭画報オリジナルの逸品をお届けします

本連載「伝統工芸の美、再発見」では、日本が誇る伝統工芸に携わるかたがたのご協力のもと、現代の暮らしを豊かに彩る家庭画報オリジナルの逸品をご紹介してきました。過去に掲載された商品から厳選した6点を、今回特別にご紹介します。

益子焼の蓋付き耐熱深皿

大塚雅淑さん(2017年3月号掲載)

益子焼の蓋付き耐熱深皿

オーブンに使える和食器で蓋付きのものは珍しく、重宝します。サイズも大きく、魚やアスパラガスのような長い野菜を切らずにそのまま入れて蒸し焼きにすることも可能。レシピの幅が広がります。長径約28センチ 2万3000円(税・送料別)。TEL/0285(72)5359

【注文先】FAX/0285(72)5359

萬古焼の醬油差し

清水醉月さん(2017年4月号掲載)

萬古焼の醬油差し

注ぎ口が鋭く液だれのしない、まさに“一生もの”の醬油差しは、急須作りの技で知られる萬古焼だからこそ作ることができた逸品。何度も注ぎたくなってしまうほどのきれのよさを誇ります。胴の直径約7センチ、高さ約7センチ 2万円(税・送料別)。TEL/059(332)8218

【注文先】FAX/059(333)4903

大館曲げわっぱの蓋物

大館工芸社(2017年12月号掲載)

大館曲げわっぱの蓋物

整然とした柾目が美しい秋田杉の美を凝縮させた「蓋物」のうつわは、和食器はもちろんのこと、洋食器や銀器、ガラス器に合わせても美しい万能選手。お弁当や持ち寄りパーティにも使えます。直径約11×高さ約8センチ 1万3800円(税・送料別)。TEL/0186(48)7700

【注文先】FAX/0186(48)7711 メール/info@magewappa.co.jp

家庭画報 最新号

家庭画報 九州特集

2018年6月号 4月28日(土)発売!

緑眩しい九州へ 猫のいる愛しき人生!ほか

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

家庭画報編集部SNS

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading