伝統工芸

ワラ灰釉 龍田川平向付 当代香齋 作

ワラ灰釉 龍田川平向付
当代香齋 作

寸法(約):19×16×高さ2.5cm
価格:6万6000円(税込み)
販売個数:絵柄(A、B、C)限定各2点
桐箱入り

江戸時代中期の陶芸家、尾形乾山が生み出した向付の写し。ワラ灰釉を施した器に呉須で水流や波頭の輪郭を描き、黄、赤、緑の上絵による艶やかな紅葉文を合わせ、葉脈には金彩を添えている。秋に使われる向付で、同じモチーフで、文様は何パターンかある。

※ご購入にあたり、こちらの記事>>にある「真葛焼 特別販売のご案内」を必ずご確認ください。

撮影/武蔵俊介(世界文化ホールディングス写真部)

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2021年2月号 12月28日発売

京都の美に触れる

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading