インテリア

モダンな寄木細工で注目を集める、露木木工所の最新作「白小寄木四つ引き出し」

EDITOR’S REPORT 街に溢れるさまざまな情報の中から、家庭画報編集部員が読者の皆さまに役立つ情報を厳選してご紹介します。新しくオープンした店や、アイディアが光る新商品、地方発の注目情報など、日々の暮らしをより楽しく、豊かにしてくれる情報がきっと見つかります。記事一覧はこちら>>

伝統的な4種類の文様をモノトーンで組み合わせた「白小寄木四つ引き出し」は、存在感があり、リビングなどに置くだけで美しい景色を生み出します。

白小寄木四つ引き出し

縦28.5×横29×奥行き28.5センチ 13万円。納期は約2、3か月。

これは日本クラフト展ほかで、数々の賞を受賞してきた「露木木工所」の最新作。

「寄木細工が今の暮らしに溶け込むように常に新しいデザインを心がけています」と社長の高木清勝さん。

桂神代

作品の黒の部分は“桂神代(かつらじんだい)”で、数千年もの間、腐らずそのまま地中に埋もれていた、希少な材木で、空気に触れると徐々に黒に変化します。

よく見ると微妙な濃淡があり、それが一層味わい深くしています。

Information

寄木ギャラリーツユキ

表示価格はすべて税抜きです。

『家庭画報』2020年5月号掲載。
この記事の情報は、掲載号の発売当時のものです。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

家庭画報2022年1月号

1月号 12月1日発売

新年を寿ぐ

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading