インテリア

世界にひとつの茶箱で特別なティータイムを楽しみませんか?


黒漆の茶托に引き立てられ
輝きを増すモカカップ

小ぶりなサイズで日本人に人気の高い「フローラ ダニカ」のモカカップ。色鮮やかに描かれている花は、右から、エンドウ、スミレ、ゲラニウム、アカツメクサ、オグルマ。従来のイメージを覆すシンプルでモダンな茶托とのバランスがパーフェクト。
(写真奥)「ホワイトフルーテッド フルレース」プレート(径17cm)各8500円/ロイヤル コペンハーゲン

美しい景色を奏でる茶櫃をお披露目
春香満ちる煎茶会へようこそ

茶櫃(ちゃびつ)の蓋を開けると、金彩まばゆい色とりどりのモカカップが5客。茶筒と茶托も含めて、すべてがすっきりと収まっている景色は感動的ですらあります。東洋と西洋の素晴らしい手仕事が生み出した端正な美しさは、きっと、お茶会に訪れたお客さまの心にも響くことでしょう。


茶櫃の蓋裏には、小簞笥と同様に蒔絵が施されていて、見るたびに華やいだ気分になる。モカカップと茶筒、茶托がのったトレーの下に菓子盆が収納されている。

茶櫃の原型となる素地を制作したのは、石川県山中温泉の挽物(ひきもの)作家、中嶋武仁さん。小簞笥の素地を制作した香川県高松市の宮脇和代さんとともに、山下さんの信頼が厚いおふたりです。


存清(ぞんせい)の技法で蓋にドットを加飾した茶筒。

蓋の上部に緩やかな凹カーブがつけてあるのは、「これまでにない美しい形を」という山下さんのこだわりから。今回のコラボレーションにかける強い思いが滲みます。

煎茶のグリーンが映える「フローラ ダニカ」のモカカップはどれも、可憐な野の花がモチーフ。のびやかに描かれた絵から植物の生命力が感じられるのはペインターの技量によるもの。見る者の心を浮き立たせます。


「フローラ ダニカ 230周年記念 望 野点茶櫃」の漆器。「フローラ ダニカ」のモカカップに合わせて作った黒漆の茶櫃とともに、茶筒と茶托、菓子盆も制作した。作品名に託した思いを山下さんはこう語る。「和歌を通じて皇室と国民を一つに結ぶ『歌会始』。今年のお題の『望』にちなんで、この作名にしました。遠くの月を待ち望むさまを表し、『希望』『願望』『待望』の意味に通じ、デンマークの工芸と日本の工芸が共鳴し合い、新たな友好が生まれることを望みます」。

「フローラ ダニカ 230周年記念 望 野点茶櫃」

(含まれる商品一覧)
「香川漆芸」茶櫃〈径30×高さ13.5cm〉 1点
「香川漆芸」菓子盆〈径26cm〉 1点
「香川漆芸」茶筒〈径7×高さ7.3cm〉 1点
「香川漆芸」茶托〈径9cm〉 5点
「フローラ ダニカ」モカカップ〈110ml〉 5客
価格 200万円。
完全受注生産(納期6~10か月)/ロイヤル コペンハーゲン

お問い合わせ/
ロイヤル コペンハーゲン 本店
電話番号 03-3211-2888
営業時間 11時~19時
定休日 不定休
https://www.royalcopenhagen.jp

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2020年6月号 4月30日発売

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading