インテリア

【特別インタビュー】花屋オーナーより、花が大好きな皆さまへ

05.ダリア
これから種類豊富に出回るダリアは、存在感抜群の主役花!

ダリアの品種は本当に豊富で、その中から選び抜いて贈り花にしたいと考えるなら、これからの時期がおすすめです。花形、花色も迷うほどたくさんあるダリアは、贈り花でも主役になってくれること間違いなしです。

サーモンピンクのダリアは、宮崎県東諸県郡国富町で生産されたキャンディポップ

写真のアレンジのサーモンピンクのかわいらしいダリアは、宮崎県東諸県郡国富町で生産されたキャンディポップです。

どなたにも好まれる愛らしさと優雅さをもつ魅力的な品種で、整った花形の美しさに思わず感嘆するほどです。

このダリアに同系色濃淡のラナンキュラスやスイートピー、キルタンサスなどを組み合わせ、より華やかで明るいアレンジに仕上げました。このアレンジは、お母さまの喜寿のお祝いに徳島へお届けしました。

宮崎県と秋田県が主になってリレー出荷することで周年出荷が実現

冬から春にかけて出荷されるダリアの多くは、宮崎県で生産されたもの、夏から秋にかけては秋田県で生産されたもの、と2つの県が主になってリレー出荷することで、ダリアの周年出荷が可能になったそうです。

この美しい花を1年を通して楽しめることに、感謝の気持ちでいっぱいです。

【使用花材】
ダリア キャンディポップ
ラナンキュラス リナピンク(仮名)、ポンポンハーマイオニー
スイートピー めぐみ
キルタンサス
シレネ 小布施の郷

藤野幸信/Yukinobu Fujino

広島駅から少し離れた段原の骨董通りにある「fleurs trémolo」(フルール トレモロ)オーナー。

広島大学大学院理学研究科生物科学専攻を卒業後、花の道に進んだ異色の経歴。

店名のtrémoloは音楽用語で震音を表し、「感動で声が震える」ことを意味する。感動する花束を多くの人に届けたい、という思いから、市場を頼らず、自ら生産者情報を入手して、お気に入りの花を集める。何種類もの花を使ったブーケは、エレガントでナチュラル。

制作したブーケのアップを続けているフェイスブックから人気が広がり、全国各地から贈り花のオーダーが届く。

月刊『フローリスト』などの雑誌の連載や表紙などでも人気。2018年6月に新著『季節の色合いを楽しむブーケ』(誠文堂新光社)を発刊。 https://www.fleurs-tremolo.com

贈り花のご注文はこちら>>

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2020年8月号 7月1日発売

創刊750号記念

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading