インテリア

【特別インタビュー】花屋オーナーより、花が大好きな皆さまへ

01.アルストロメリア
「朧月」。この季節にふさわしい品種名のアルストロメリアを贈る

長野県上伊那の「片桐花卉園」さんから届いたアルストロメリア 朧月

「朧月」(おぼろづき)とは、うっすらと霞がかかった春の夜の月のことで、俳句では春の季語になっています。この「朧月」という素敵な名前をもつアルストロメリアがちょうどいま、出回ります。淡い黄色の花色がなんとも上品で、眺めていると自然に優しい気持ちになってきます。

上伊那の飯島町は、クオリティの高いアルストロメリアの生産地として有名

これは長野県上伊那の「片桐花卉園」さんから届いたもの。中央アルプスと南アルプスを望む、豊富な清流に恵まれたこの地は、クオリティの高いアルストロメリアの生産地として、花業界では名が知れています。

お母さまへの誕生祝いをご家族から依頼され、「朧月」とダリア、スイートピーなどを合わせて優しいながらもメリハリのあるブーケにしてみました。これから長野県以外にも千葉県、和歌山県などの産地から、豊富に出回るアルストロメリアには、魅力的な新品種も多いので、ぜひ花屋で注目してみてください。

【使用花材】
アルストロメリア 朧月
ダリア NAMAHAGEビューティー
ラナンキュラス ポンポンガーフィールド、オメガ、ラックスヒュードラ
スイートピー ダークブルー
トキワガマズミ
ユーカリ

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2020年6月号 4月30日発売

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading