暮らしのヒント

獅子座の2020年上半期の運勢は?ジョニー楓の12星座占い

ジョニー楓の2020年上半期12星座占い ジョニー楓さんが2020年(令和2年)上半期(1月~6月)の運勢を12星座別に占います。12星座別の運勢一覧>>

獅子座の2020年上半期の運勢

ジョニー楓さんから、獅子座のあなたへ月ごとのメッセージをお届けします。

2020年上半期の全体運はこちらから

1月
上司や後輩、あるいは大切に思う身内や恋人との仲ですら、この頃ピンと来ないと思うことが多い?もしかしたら世間の流れとあなたの個性の調和がとれていなのかもしれない。

バイタリティーは尽きないものの下手に主張を強めれば孤立する恐れがある気がする。今は状況を一変させることよりも、状況を受け入れることがまずは先だ。

保守的な未来の見据え方を強める周囲に対し、自分の主張がどれほどその心理にプラスに働くか、もしくはどうしたらプラスに働くのか、その辺りをよく考えてみて。


2月
盛り上げようとする裏には、根拠や目的がきっとあると思うし、あなたなりの心遣いであることもよくわかる。けれど、変わってしまった空気や環境に、つい主張するのを躊躇してしまうのは、周囲が求めているものと自分の提案が噛み合っていないとどこかで感じているからなのかもしれない。

黙っていられないようなシーンが続くけれど、安易なやる気は今は悪目立ちするばかりだ。


3月
噛み合わない原因が何となくわかってくる。しかし、わかってしまったその原因にさらにやる気をなくしてしまうような気がする。

例えば、根本的な気持ちが互いに全然違うような。ただでさえキツイ状況なのに狙っているものや望んでいるものが周囲や相手と違うのだから、頑張ったって仕方ないと思ってしまいそう。

しかし、ここで諦めたら孤立を強めるし、今後浮上する機会すらなくなる気がする。何よりも貫くことをやめたら、自分を愛せなくなる気がする。


4月
例えば感動より実利とか、娯楽性があまり重要とされなくなった全体の流れの中で、どうこれから頑張ればいいのか。自分の必要性があるのかないのか、根本的なことでグラつきそう

結局世相には逆らえないと、ここで諦めてしまうのか、それとも厳しい中でも、どんな時でも感動的なことが生活には欠かせないと訴え続けるか?チョイスするネタやプレゼンテーションを今の状況に沿ったものにする工夫が必要なのは確かだ。

しかしそれよりもあなたが投げやりにならないことが何よりも必要だ。抑揚や高揚感がなくなった日常なんて絶対に退屈なはずだから。


5月
なぜこんな状況や心理になったのか、どうすればまた盛り上がってくれるようになるのか。あるいは自分もどうやったら気分があがるのか。冷静にもう一度考えてみることで、迷走しているのは世の中全体の話で、自分だけが迷っているわけではないことがわかりそう

誰もが退屈な気持ちを抱えながら生きているとしたら、またモチベーションも少し変わってくるはず。だったらなおさら自分くらいは明るくいないと、と思うはず。

世間に、映えるか映えないかのレベルではなく、広い視野で挑まないといけないようなことかもしれない。けれどシチュエーション的にあなたならやりがいを見いだせると思う。


6月
納得いかないことのほうが多い気がするけれど、続けていくことの必要性もわかったと思うし、求められていることに精一杯応えて行く意味も見いだせたと思う。

更に自分の言い分を聞いてもらうためには何が必要か?スキルの向上か、もっと大極的な視野か?

いずれにせよ、孤立しかけたところから、改めて役割を探すようなモチベーションになったのだから、すごい成長だと自分を褒めていいと思う。

過去に経験したことのない窮地だったからこそ、新しい考え方やアイディアが生まれる。そう思えば、それをやりがいと捉えられるはず。そしてあなたなら何かやってくれると信じている。

ジョニー楓

雑誌連載や、個人セッションなど多岐にわたって活躍し、著名人からの鑑定の依頼も絶えない。タロットカードや、ダイスなども使い複合的に占う。https://ameblo.jp/ck-johnny/

【好評連載中】ジョニー楓の運気予報

ジョニー楓さんが毎月の運勢をお知らせ。決断の時期や気をつけたいことなど、あなたの「今日」にお役立てください。記事一覧へ>>

イラスト/山田博之(https://www.tis-home.com/hiroyuki-yamada

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2020年4月号 2月29日発売

名店の「昼膳」

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading