暮らしのヒント

双子座の2020年上半期の運勢は?ジョニー楓の12星座占い

ジョニー楓の2020年上半期12星座占い ジョニー楓さんが2020年(令和2年)上半期(1月~6月)の運勢を12星座別に占います。12星座別の運勢一覧>>

双子座の2020年上半期の運勢

ジョニー楓さんから、双子座のあなたへ月ごとのメッセージをお届けします。

2020年上半期の全体運はこちらから

1月
何かと自分がやっていることを強調するような話題が相変わらず多い。さらに周囲からの「いいね」がそれを助長する。自分は本当はもっと違うことに興味があるし、何より、それを繰り返してもエスカレートして行くだけで新しいものが生まれない気がした。

もっと他に必要なことがあるような気がする。そう思う自分が世間にフィットしていないのか、それとも世間が鈍いのか、もしくは麻痺しているのか……。


2月
状況や場面、あるいは時代を先取りして、常に先手を打つ。きっと、正しいはずなのに、この時期はどこかそれが足並みやムードを乱してしまうことが多いような気がする。例えば、道ならぬ恋をしている人に対して、「つまり二股ってわけね」と露骨なことを言ってしまうとか。

何も間違っていないし、むしろあなたなりに話を要約しているとも取れる。でも身も蓋もない返しを控え、ここは何らかの工夫が必要かもしれない。

もう少し落ち着いて、雰囲気や話の全体像を読み取れば、頭の回転の早さや説得力も、よく活かせるはずだから。


3月
時代が少しあなたの考えとリンクしてくるような気がする。

例えば、新人に自分のやり方で教えていたら、「今の時代は、もう少し優しく教えないとダメ」と言われて、甘やかしても育たないのに……。と思うことが多かったが、最近は案の定「時には厳しくしないと育たないね」と周囲が変わってきた、とか。

また、それと共にあなたも周囲とのタイムラグをここで理解できれば、もっと自分の意見に関心を持ってもらえるはずだし、歯に衣着せぬキャラがもっと信頼されるような気がする。


4月
みんなが理解してくれたかと思いきや、実行に移すこところまでは至らない。例えば、執着をやめれば楽になるのに……、使えば便利だってわかっているのに……、とか周囲に対して改めて不可解な思いを感じることがあるかもしれない。

慣れた状況から離れるのは思うよりも勇気がいるし、それが頑張って手にした物なら、なおさら。今は説得よりも理屈じゃない何かを察してあげることのほうが大事な気がする。また知識が一つ増えるくらいの気持ちで、進めないみんなの心理を分析してみて。


5月
不本意ながら歩調を合わせるためには、少し巻き戻してみる必要がある。でも、巻き戻してみることで、どうやったら伝わるかもわかるはず。

物理的にも心理的にも思ったよりみんな保守的な考えなのかもしれない。あなたのように新しい物に飛びつけないのかもしれない。話はわかるが、心がついて行くか、行かないかは、どうやらまた別問題のようだ。

例えば、可能性のない相手や環境を断ち切れない人の心を理解するとか、必要性をいまいち感じないことかもしれないけれど、ここで答えがわかれば、この先のスキルにきっとなるはず。


6月
自分が思う「時代を先取りした可能性や重要性の話」が少しは周りに伝わった気がする。しかし、それも時代の足踏みによって、再びかき消されていくかもしれない。

しかし、台風や地震に対しての備えがいずれ必要になるように、良い部分も悪い部分もあなたが今思っていることや指摘してきたことは、いずれ絶対に必要になるはず。

だから、諦めたり、割り切ったりして孤立してしまわず、どうか自分が大事だと思うことを伝えることをやめないで。

ジョニー楓

雑誌連載や、個人セッションなど多岐にわたって活躍し、著名人からの鑑定の依頼も絶えない。タロットカードや、ダイスなども使い複合的に占う。https://ameblo.jp/ck-johnny/

【好評連載中】ジョニー楓の運気予報

ジョニー楓さんが毎月の運勢をお知らせ。決断の時期や気をつけたいことなど、あなたの「今日」にお役立てください。記事一覧へ>>

イラスト/山田博之(https://www.tis-home.com/hiroyuki-yamada

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2020年4月号 2月29日発売

名店の「昼膳」

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading