伝統工芸

海外からのお客さまにも喜ばれる!銀座で見つけた「和」のギフト

美術展のガラス越しでは味わえない体験を
「渡邊木版美術画舗」で浮世絵版画を目の前で見て楽しむ

浮世絵版画

大正〜昭和期の浮世絵師、川瀬巴水の「芝増上寺」。川瀬作品のおよそ9割を渡邊木版美術画舗で制作。2万4000円。左・葛飾北斎の「大浪」の版木を復刻し制作したオリジナルプリント1万円。

100種類以上の浮世絵や木版画が所狭しと並ぶ「渡邊木版美術画舗」。

江戸時代に大人気だった浮世絵が明治期に衰退、職人も激減したのを憂えたこの店の初代は、専属の摺師を抱え、伊東深水や川瀬巴水などの作家を世に出して伝統を支えました。

現在も店舗の階上で、昔ながらの多色摺りの技法で名作の復刻から現代の作家の作品の制作までを行っており、海外からのツアー客などに特別に作業風景を公開することもあるそう。

浮世絵

木版画

庶民の娯楽として発展した浮世絵。美術館のケース越しや書籍ではなく、肉眼で間近に見て、選び、手に入れることで、江戸時代の人々と心を通わせる時間は、国境を超えた貴重な体験です。

渡邊木版美術画舗

渡邊木版美術画舗

住所:東京都中央区銀座8-6-19
TEL:03(3571)4684
営業時間:9時30分~19時30分(祝日9時30分~17時)
定休日:日曜(ほか不定休あり)

表示価格はすべて税抜きです。

撮影/大泉省吾(取材)、小澤達也(取材)、本誌・西山 航(静物) 取材・文/清水井朋子
撮影協力/教文館4階エインカレム ぎんざ空也 空いろ 銀座若菜 佐々木商店 東京鳩居堂 銀座本店 和光

『家庭画報』2019年11月号掲載。
この記事の情報は、掲載号の発売当時のものです。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2020年3月号 2月1日発売

秘密の京都

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading