インテリア

秋の結婚祝いに贈るなら、秋色を重ねたアレンジメントが新鮮です!

藤野幸信さん 365日の贈り花ダイアリー 「フルール トレモロ」オーナー 藤野幸信さんが手がけたブーケやアレンジメントで綴る365日の花日記。贈り花のある、素敵な暮らしのヒントをお届けします。記事一覧はこちら

10月7日の贈り花

10月7日の贈り花

ジニアとバラの秋色を集めて結婚を祝うアレンジに

フランスのリヨンにお住まいのご夫婦から、贈り花のオーダーをいただきました。私の店のことをSNSで知り、わざわざフランスから何度かご依頼くださります。今回のオーダーは、友人の結婚祝いの花で、新郎新婦ともにお友達だそうです。

ちょうど山形県の「細谷園芸」さんからかわいらしいジニアが届いたので、その中から秋らしい色を選び、秋色のバラと合わせてアレンジしました。クリーム色からサーモン色、アプリコット色、そしてオレンジ色の、秋色グラデーションでお2人の新しい出発を祝います。

丸い花をメインに、ひだが重なるようなケイトウや、繊細な小花のピンクのセアノサスを加え、アレンジに動きをつけています。これはフローラルフォームを使って花を挿したアレンジですが、この花合わせでラウンドブーケにし、花嫁さんに持っていただいても映えると思います。シルクのドレスによく似合いそう!

【使用花材】
ジニア キャンディーポップ
バラ フルブルームラナンキュラ悠、ラシャンス
ケイトウ プティフルーツマーメイドピンク
セアノサス マリーサイモン
センニチコウ
豆軍配ナズナ
アイビー スタンテイラーカーマイン

贈り花のヒント
ジニアにはピンクや黄色、赤、オレンジとビビッドな花色が豊富に揃っています。最近では、ボリューム感のある八重咲きの品種が晩秋まで出回るので、好きな花色を選んで主役花にするのもおすすめです。少しくすんだアンティークな雰囲気の花色は、秋にぴったり!

下の写真をスワイプしてご覧ください。

藤野幸信/Yukinobu Fujino

広島駅から少し離れた段原の骨董通りにある「fleurs trémolo」(フルール トレモロ)オーナー。

広島大学大学院理学研究科生物科学専攻を卒業後、花の道の進んだ異色の経歴。

店名のtrémoloは音楽用語で震音を表し、「感動で声が震える」ことを意味する。感動する花束を多くの人に届けたい、という思いから、市場を頼らず、自ら生産者情報を入手して、お気に入りの花を集める。何種類もの花を使ったブーケは、エレガントでナチュラル。

制作したブーケのアップを続けているフェイスブックから人気が広がり、全国各地から贈り花のオーダーが届く。

月刊『フローリスト』などの雑誌の連載や表紙などでも人気。2018年6月に新著『季節の色合いを楽しむブーケ』(誠文堂新光社)を発刊。 https://www.fleurs-tremolo.com

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2019年11月号 10月1日(火)発売

「赤坂」の魅力をたずねて

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading