インテリア

季節を問わず人気のバラですが、お花好きは「秋バラ」を選びます!

藤野幸信さん 365日の贈り花ダイアリー 「フルール トレモロ」オーナー 藤野幸信さんが手がけたブーケやアレンジメントで綴る365日の花日記。贈り花のある、素敵な暮らしのヒントをお届けします。記事一覧はこちら

10月4日の贈り花

10月4日の贈り花

秋バラとコスモスのエレガントな贈り花

昨日は赤をメインにした秋色アレンジをご紹介しましたが、ピンクをメインにした秋色コーディネートにすると、優しくエレガントな印象になります。これもお誕生日の贈り花です。

秋になって気温が下がり始めると、ダリアだけでなくバラも、花色がのってとても美しくなります。この時期には素敵なバラがいろいろ届いて、毎日ときめくのですが、中から少しサーモン色がかった甘いピンクがとても美しいヴィクトリアンキスという品種をメインに選びました。

バラやリシアンサスなどの秋色ピンクと紅葉をイメージさせるベニスモモのシックな赤茶。その上に花の向きを変えながら、真っ白なコスモスを散らすと、透き通るような花色がよく浮き立って映えます。

白いコスモスは千葉県南房総市にある「折原園芸」さんから届いた、センセーションホワイトという品種です。「折原園芸」さんの花やハーブは、どれもつくりがしっかりしていて美しく、この純白のコスモスの凜とした姿にも惚れ惚れしました。

【使用花材】
バラ ヴィクトリアンキス、マロンフォレスト
コスモス センセーションホワイト
リシアンサス NFモナピンク
シンフォリカルポス マジカルメロディ
ベニスモモ ファスティギアータ
紅葉ヒペリカム

贈り花のヒント
バラは切り花では一年中出回るので、あまり季節感を感じられませんが、庭で咲くのは5月〜6月、10月~11月には四季咲き性のバラが再び咲きます。秋にも全国のバラ園ではイベントが多く開催されます。秋のバラはどこか大人っぽい表情でとてもロマンチック。「秋薔薇」は俳句の季語にもあり、この時期のアレンジにおすすめです。

下の写真をスワイプしてご覧ください。

藤野幸信/Yukinobu Fujino

広島駅から少し離れた段原の骨董通りにある「fleurs trémolo」(フルール トレモロ)オーナー。

広島大学大学院理学研究科生物科学専攻を卒業後、花の道の進んだ異色の経歴。

店名のtrémoloは音楽用語で震音を表し、「感動で声が震える」ことを意味する。感動する花束を多くの人に届けたい、という思いから、市場を頼らず、自ら生産者情報を入手して、お気に入りの花を集める。何種類もの花を使ったブーケは、エレガントでナチュラル。

制作したブーケのアップを続けているフェイスブックから人気が広がり、全国各地から贈り花のオーダーが届く。

月刊『フローリスト』などの雑誌の連載や表紙などでも人気。2018年6月に新著『季節の色合いを楽しむブーケ』(誠文堂新光社)を発刊。 https://www.fleurs-tremolo.com

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2019年11月号 10月1日(火)発売

「赤坂」の魅力をたずねて

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading