インテリア

会場のレストラン、そして自宅でも楽しめる! 誕生祝いのお花を卓上花で

藤野幸信さん 365日の贈り花ダイアリー 「フルール トレモロ」オーナー 藤野幸信さんが手がけたブーケやアレンジメントで綴る365日の花日記。贈り花のある、素敵な暮らしのヒントをお届けします。記事一覧はこちら

10月1日の贈り花

10月1日の贈り花

誕生祝いのテーブルを飾る贈り花

お母さまのお誕生日のお祝いをレストランでするというご家族から、テーブルを華やかにするアレンジのオーダーをいただきました。食卓に置く花なので、ラウンドではなく、奥行きの浅い長方形のバスケットを選び、あふれんばかりに季節の花を挿してみました。

山形県の「細谷園芸」さんがつくるとても発色のよいジニアと、兵庫県の「安富フラワーガーデン」から届いたアンティーク感のある美しいバラ マリーローズを組み合わせ、クレマチスやセアノサスなどのピンクの花を集めました。

アクセントに加えたのはキラキラと輝くダイヤモンドリリーの白花です。ピンクの花とたっぷりのグリーン、その中に白花を加えるとパッと映えてさわやかで清潔感のある印象になります。

食卓に飾るアレンジということで、ほのかに香るハーブも加えました。ハーブの香りがテーブルを囲む方々の食欲をそそり、よりおいしいお食事会となりますように……。

【使用花材】
ジニア キャンディーポップ
バラ マリーローズ
ダイヤモンドリリー
クレマチス 天使の首飾り
ヒペリカム 初霜
ナツメグゼラニウム
アーモンドゼラニウム
ファーンリーフゼラニウム
セアノサス マリーサイモン

贈り花のヒント
レストランなどでの席に飾る花は、前もってテーブルの形がわかると、それに合わせて花器を選ぶことができます。今回はテーブルが横に長い形と伺い、長方形のバスケットを選びました。テーブルには料理もたくさん並ぶので、アレンジが邪魔にならないよう、サイズや高さを抑えめにするとよいでしょう。

下の写真をスワイプしてご覧ください。

藤野幸信/Yukinobu Fujino

広島駅から少し離れた段原の骨董通りにある「fleurs trémolo」(フルール トレモロ)オーナー。

広島大学大学院理学研究科生物科学専攻を卒業後、花の道の進んだ異色の経歴。

店名のtrémoloは音楽用語で震音を表し、「感動で声が震える」ことを意味する。感動する花束を多くの人に届けたい、という思いから、市場を頼らず、自ら生産者情報を入手して、お気に入りの花を集める。何種類もの花を使ったブーケは、エレガントでナチュラル。

制作したブーケのアップを続けているフェイスブックから人気が広がり、全国各地から贈り花のオーダーが届く。

月刊『フローリスト』などの雑誌の連載や表紙などでも人気。2018年6月に新著『季節の色合いを楽しむブーケ』(誠文堂新光社)を発刊。 https://www.fleurs-tremolo.com

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2019年11月号 10月1日(火)発売

「赤坂」の魅力をたずねて

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading