ライフスタイル

今森光彦さん、農家になる。アゲハチョウを招くには

前回まで)「オーレリアン」とは、蝶を愛する人々のことを意味します。幼少期から蝶を愛でてきた今森光彦さんのアトリエが「オーレリアンの庭」と名づけられた由来です。今森さんの新しい農地にも、何十種類もの蝶が舞う日は近いでしょう。

今森光彦 環境農家への道
第15回 アゲハチョウを招くには

オーレリアン 今森光彦さん ナガサキアゲハ

 ハナトラノオの蜜を吸うナガサキアゲハ。大型で優雅に飛ぶ、庭には欠かせない存在。

(写真・文/今森光彦)

光の田園が、黄金色に輝く季節がやってきた。

クズの花の甘ったるい香りに誘われるように土手をかけあがると、広々とした棚田の風景のなかに、人影がいくつも動いている。たわわに実ったイネの収穫が、間もなくはじまるようだ。

オーレリアンの庭 今森光彦さん カラスアゲハ

金属色の翅が、みる角度によって青や緑に輝くカラスアゲハ。

開墾している農地は、おおまかな道をつくったあと、畑、雑木林、湿地にする場所のレイアウトを決めた。

それらの環境が移り変わるところに、花や蝶の幼虫が食べる植物などを、植える計画をしている。と言っても、この計画は、すでにはじまっていて、竹の駆除をやり終えたと同時に、実行している。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2019年12月号 11月1日(金)発売

招く日の華麗なるインテリア

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading