ホームデコレーション

インテリアレッスン40 “蓋”があるだけで、おもてなしのセッティングに


洋食器のティーカップに合わせて、誂えた白木の蓋は直径約8㎝。


白木の蓋が使える器いろいろ。右上から時計回りに、「カルテル」のプラスチックピッチャー、パリで出会った「ベルナルド」のカップ、「ヘレンド」のチャイニーズティーカップ、「ベルナルド」のチャイニーズティーカップ、「エルメス」のグラス。

Tips3
同じ口径の洋食器なら、一つの蓋が万能選手になる

「洋食器というのは、ある程度大きさに決まりがあるんです。ですから一つの蓋が、他のアイテムにも使えることが多いはずです」と多美保さん。

インテリアレッスン7でもご紹介した「ウェッジウッド」のジャパニーズティーカップの口径に合わせて、中川木工芸比良工房でオーダーした白木の蓋。

試しに、手持ちの器に合わせてみたところ、ぴったりと口径が合う器がいくつもあったのだそう。

「白木の蓋は“和”のアイテムになるので、洋食器と合わせると和洋折衷な雰囲気になるところが気に入っています。それにあたりが柔らかくて、開け閉めした時にカチャカチャと音がしないというのもいいですよね」

思いがけずサイズが合ったことで、和の趣を添えたいコーディネートで大活躍する万能アイテムに。

蓋を作ったことでティーカップとして使うだけでなく、茶碗蒸しやポタージュ、デザートなど、中に入れる料理の幅も広がりました。

【連載】インテリアスタイリスト 横瀬多美保の「カジュアル・リュクス」に暮らす
テーブルコーディネーターやインテリアスタイリストとして『家庭画報』のページを彩ってきた横瀬多美保さん。あらゆるものに美を見いだし、独自の感性でリュクスな空間を創造し続けてきました。そして今、しっくりくるのは上質でありながらもくつろぎ感のあるスタイル、といいます。“生活の中に、美が息づく”そんな日々の暮らしに豊かさを添える素敵なアイディアを巡ります。

 

横瀬多美保/Tamiho Yokose

インテリアスタイリスト

東京都生まれ。テーブルコーディネーター、インテリアスタイリスト。テーブルコーディネーターの故クニエダヤスエ氏に師事。女性誌や料理本、百貨店のディスプレイなどのスタイリングに携わる。新旧、和洋を自在に織り交ぜた、モダンでエレガントなコーディネートに定評がある。『家庭画報』とのおつきあいは30年近く。流行や時代の変化をしなやかに受け止めながら、幸福感漂う美しい暮らしを提案し続けている。2018年4月より、コミュニティFM「渋谷のラジオ」にて、隔週水曜日12時30分~12時55分『渋谷のテーブル』にゲスト出演中。

インテリアレッスン39 グッとお洒落に。夏のグリーンは一花、一葉で楽しむ

インテリアレッスン38 インテリアレッスン38 七夕をモチーフに、遊び心溢れるランチテーブル

インテリアレッスン37 理想のキッチンを叶えたリフォーム&収納術

【人気連載】インテリアスタイリスト 横瀬多美保の「カジュアル・リュクス」に暮らすのバックナンバーを見る>>>>>

 

撮影/鈴木一彦 取材・文/鈴木ニーナ博美

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2019年9月号 8月1日(木)発売

北欧の美しき暮らしを訪ねて

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading