ライフスタイル

今森光彦さん、農家になる。私が子どもだったころ

前回まで)理想の里山を手に入れるため農家になる決意をした今森さん。子どものころ、当たり前にあった自然の姿、その原風景を求め、今森光彦さんは今日も、失われつつある里山を取り戻すための活動に勤しみます。

今森光彦 環境農家への道 第7回
私が子どもだったころ

(文・切り絵/今森光彦)

銀色の微毛に包まれていたコナラの芽が少しずつ膨らんで、日に日に黄緑色の葉のかたちが見えてくる。こんなころ、コジュケイの鳴き声に誘われて、庭の雑木林へ足を向けると、衣服や肌までもが若葉色に染まってきて、別世界に入りこんでしまったような気持ちになる。

山々が青々とするころ、毎年のように思い出すのが、子ども時代のことだ。あのころは、琵琶湖の辺りに、満ち足りた環境が残っていた。私の自宅は、大津の旧家だった。

庭で休んでいたイノシシのうり坊。そっと近づくと、なんとも可愛らしい顔をしていることがわかる。近くに親がいないので、はぐれてしまったのだろうか。

次のページ

当時の大津は…

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2019年7月1日(月)発売

軽井沢で涼を楽しむ『家庭画報』2019年8月号

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading