ライフスタイル

レディ・フィオーナのおもてなし。エリザベス女王をお迎えする日は……

英国ハイクレア城に暮らすVol.6

英国フリーライター山形優子フットマンが、ドラマ『ダウントン・アビー』の舞台にもなったハイクレア城に住む現・伯爵夫人「レディ・フィオーナ」を取材した集中連載「ハイクレア城に暮らす」。第6回は前回に引き続き、レディ・フィオーナのおもてなしの流儀をお届けする。(今までの連載#ハイクレア城に暮らすを読む)


エリザベス女王を迎える日

ハイクレア城のレディ・フィオーナ

毎年4月、カナーヴォン家は少し緊張して1年で最も大切なパーティを開きます。それはエリザベス女王の誕生日祝いです。

2016年の4月21日に女王が90歳を迎えた際にも、ハイクレア城で前祝いをしたほど、女王と伯爵家には親密な交流があります。

それは現当主のお父様で、馬主としても名高かった故7代目伯爵が、馬好きの女王の親友だったからです。そんなご縁から、7代目伯爵は女王の競走馬の管理もおおせつかっていました。

女王は8代目伯爵が生まれた時には名づけ親になられ、教母として洗礼式に参列なさったほどです。

こうして王室とカナーヴォン家は、代々家族の延長のような付き合いを重ねてきました。

エリザベス女王

写真:代表撮影/ロイター/アフロ

女王のお誕生日

ハイクレア城のあるバークシャーには、有名なニューベリー競馬場があり、毎春、女王の誕生日の頃には競馬が開催されます。もちろん女王の愛馬もこのレースに出場します。2年前の卒寿のお祝いのときには優勝の栄光も。その晩はハイクレア城でお誕生日の前祝いディナーの席につかれました。昨年4月も、女王は競馬を楽しまれた後、91歳のお誕生日もハイクレア城で過ごされました。

レディ・フィオーナと乗馬

写真はレディ・フィオーナの愛馬「PHOEB(フィーブ)」。乗馬は英国貴族の伝統スポーツ。

家庭画報 最新号

2018年7月号 6月1日(金)発売!

「極上ホテル」で優雅に

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

家庭画報編集部SNS

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading