暮らしのヒント

水晶玉子さんが語る2023年の運と過ごし方のヒント!毎日の積み重ねが運を開く力に

「当たる占い師」として大活躍中の水晶玉子さんが、和暦の大安、一粒万倍日、天赦日、寅の日などの幸運日、運気好転のきっかけとなる日を紹介した『水晶玉子 開運・和暦ダイアリー 2023』を上梓しました。

東洋の占術はもちろん、西洋占星術のラッキーポイントにも触れた、最強の開運ダイアリーです。2023年の幸運日の過ごし方、ダイアリーの効果的な活用方法を水晶玉子さんに伺いました。

2023年は、“小さなこと”と“繰り返し”が力を持つ年

水晶玉子 和暦ダイアリー

2022年の干支は「壬寅(みずのえとら)」。

「壬」は海を司る“水の陽の気”で、驚くような出来事が茂みから「寅」のように飛び出してきて、あらゆるものを飲み込む混沌とした海のような状況が生まれやすい年です。

また、十二支は季節や方角を表し、「寅」の季節は、雪崩が起きたり、春一番の突風が吹いたりする荒れやすい「早春」とされています。そのためか、2022年は世界中で衝撃的な事件がいくつも起こり、人々の意識、時代の空気感が今まさに大きく変化しています。

2023年は「癸卯(みずのとう)」

そんな混乱の中にある2022年ですが、今の世の中の状況は、2023年の「癸卯(みずのとう)」になると、少しずつ方向性が定まっていくのではないかと思います。

水晶玉子 和暦ダイアリー

「癸」は、雨や雪、それらを集めた清流を象徴する“水の陰の気”で、濁流が少しずつ濾過され、洗い流されていくイメージがあります。さらに「癸」は、五行十干(東洋の5つの気のエレメントの10のカテゴリー)のサイクルの最後の気なので、2023年には“終わるもの”がたくさんあります。

そして「卯」が表す季節は「春」です。「卯」の文字は、植物の芽の双葉を表しているとも、これから開かれる扉を形どっているともいわれ、扉をこじあけていく新しい力を表し、「茂」の意味を持ちます。

これまであったものがなくなったり、手放すことになったりして、たくさんの物事が終わっていくため、大きな変化に戸惑うことも多いかもしれません。でも一方で、新しい流れが起こりやすく、一気に繁茂する可能性も十分にあるので、この数年の暗いムードを変えるような明るい希望も生まれていくのではないでしょうか。

雨が水滴を集めて清流を作り、大河の水源になるように。ウサギが仲間と寄り添い、強い繁殖力で自然を生き抜くように。2023年は“小さなこと”が力を秘め、その“繰り返し”を心がけることで、豊かな春を呼ぶことができます。

だから日々ダイアリーを記し、一日一日を大切に、丁寧に暮らすことはとてもいい開運行動。また、カバーの水色は「癸」のカラー、2023年の開運色なので、持っているだけで幸運を呼び寄せます。ぜひたくさんのチャンスが芽吹いていく春の時期を、このダイアリーと共にお迎えください。

『水晶玉子 開運・和暦ダイアリー 2023』

水晶玉子 著
1870円/世界文化社

昨年ご好評をいただいた水晶玉子さん初の書き込み式ダイアリー、第2弾が発売!  「大安」「二十四節気」「干支」等の和暦のほか、「一粒万倍日」「天赦日」など運気アップデーが一目瞭然の開運カレンダーは、日々のスケジュール管理を助けながらあなたの運気を毎日確実に上げてくれるはず。ダイアリー後半の「十二支占い」では、2023年のあなたの運勢をずばり予測します。
Amazonの購入はこちら>>

水晶玉子

水晶玉子
東洋・西洋の枠を超えて、幅広く占術を研究。特に日本古来の暦を駆使した開運メソッドの提案や、季節の移り変わりごとに伝統行事や暮らしの中の慣わしなどを解説するSNSの歳時記コラムが人気を博す。テレビや雑誌、Webサイトで多種多様な占いを展開し、その的中率で圧倒的な人気を誇る。著書に『水晶玉子のオリエンタル占星術 開運暦』(集英社)、『怖いほど運が向いてくる! 四柱推命 決定版』(青春出版社)など多数。

価格は税込みです。

取材・文/神山典子
刺繍制作/草乃しずか(アトリエ草乃しずか)

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

1月号 12月1日発売

日本の絶景 神社巡り

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading