伝統工芸

【販売期間は終了しました】編集部が厳選! “今、欲しい”有田焼。〔百田暁生〕〔李荘窯業所〕の器を販売

『家庭画報』2022年9月号の特集「今、欲しい『有田焼』」でご紹介した器を、このページから購入できます。時代の求めに応じて新たな器を創造してきた有田焼の中から、今の暮らしに合う器を編集部が厳選しました。〔1616/arita japan〕〔たなかふみえ〕の器はこちら>>

百田暁生さん
卓越したろくろの技が光るモダンな白磁

自然豊かな森に佇むギャラリー「in blue 暁」。「空の青さや水の波紋、四季を感じられる環境で多くの刺激をもらっています」と百田暁生(ももたあきお)さんは話します。確かなろくろ技術による美しい造形や個性的な釉薬使いによって生み出される白磁は、芸術品としての存在感と現代生活になじむ機能美を併せ持ちます。

百田暁生さん。2022年9月30日~10月3日『アートフェアアジア福岡』に出展。

20歳で副島四郎さんに師事し、感性を重んじる豪快なろくろ技術を学びつつ、辰砂や天目を得意とする息子の副島信幸さんから釉薬と下絵付けを叩き込まれた百田さん。2年後には、奥川俊右衛門さんに師事し、伝統の精密なろくろ技術を修得。基礎を身につけたことで、進む道が見えたといいます。「2人の先生からタイプの違うろくろを学び、形を作り上げることの面白さに目覚めました。また、釉薬使いを自分の色で表現したいと思い、独自の釉薬を作りながらさまざまな作風に挑戦しています」。

形で勝負するからこそ絵付けはせず、代わりに釉薬でデザインを施す。造形と意匠が織り成す美しさが作品の魅力です。「毎日使っていただきたいので、見た目だけでなく使いやすさも重要です。特に口に触れるものは薄さを大切にしています」。卓越した技術に裏打ちされた、美しく使い勝手のいい器がテーブルに洗練をもたらします。

百田さんの奥さまお手製、オクラとささみの梅肉あえ、アジの南蛮漬けなどを長皿に盛って。家庭料理を一段とモダンな印象に格上げするカップは、銘々の取り皿やグラスとしてだけでなく、小鉢として料理を盛りつけるのにも重宝する。※写真は使用イメージです。

左から、(1)青白磁線刻カップ、(2)青白磁カップ、(3)ライン青白磁カップ。別の写真はフォトギャラリーから。

価格:各1万4300円(本体税込み)+梱包配送料1000円(税込み・全国一律)
サイズ:各径9×高さ7.5センチ
発送予定:2022年9月上旬
(ライン青白磁)限定4客 (青白磁、青白磁線刻)限定各8客

3色のラインで無釉の純白を際立たせた「ライン青白磁カップ」。釉薬の溜まりが美しい景色を生む「青白磁カップ」。竹節を思わせる繊細な線が上品な「青白磁線刻カップ」。1300度にもなる窯で独自の釉薬を用いて、さまざまな表情を描いた作品。巧みなろくろ技術により薄く引かれた縁は口当たりがよい。

(1)青白磁線刻カップ を購入する>>

(2)青白磁カップ を購入する>>

(3)ライン青白磁カップ を購入する>>

※「販売のご案内」を必ずご確認ください。

 

優れたろくろ技術による薄さが、繊細な美しさを放つ器。ギャラリー前の庭で摘んだ野花を生けたり、中央のくぼみにドレッシングやディップを入れて料理を盛ったり、素朴な花や料理をアートに仕上げる秀逸さが魅力。柔和な趣の青白磁は、季節を問わず活躍する。お正月やホームパーティなど、おもてなしの器としても個性的な華やぎを添えてくれる。※写真は使用イメージです。

別の写真はフォトギャラリーから。

サイズ:(大)径35×高さ2.5センチ、(小)径19×高さ2センチ
発送予定:2022年9月上旬
(大)限定4枚 (小)限定5枚

釉薬の静謐な美に気づかされる、装飾を限りなく削ぎ落としたシンプルなデザイン。中央に向かってなだらかに隆起させて作られた、1センチほどのくぼみ。花入れにしても、くぼみにディップを入れ料理を盛りつけても、絵になる器。

青白磁(大) を購入する>>

価格:17万6000円(本体税込み・送料無料)

青白磁(小) を購入する>>

価格:3万5200円(本体税込み・送料無料)

※「販売のご案内」を必ずご確認ください。
in blue 暁(いんぶるーあかつき)
佐賀県西松浦郡有田町黒牟田丙3499-6
TEL:0955(42)3987、080-6407-4139 営業時間:10時~17時 不定休

 

李荘窯業所
有田の手業を守りながら、現代の食卓に合う器を生み出す

まるでオブジェのような珠型三段重は、重箱の新しい魅力を引き出した、オリジナリティ溢れる磁器。有田焼の祖・李参平住居地跡に窯を構える李荘窯業所が手がけています。

李荘窯業所4代目当主の寺内信二さん。国内外のトップシェフとのコラボレーションを精力的に行うなど活躍の場を広げている。

「李荘窯業所」は、料理の国籍を問わない器作りに取り組み、海外からも高く評価されている有田焼の窯元。4代目当主の寺内信二さんは武蔵野美術大学で工業デザインを学び、商社に入社。そこで磨かれた造形力やマーケティングのセンスを生かして、有田焼の新しい魅力を発信しています。例えば、「ピエール・エルメ」のスイーツと嬉野茶「きたの茶園」とのコラボレートで茶器を制作。また、スペイン・サンセバスチャンの名レストラン「ムガリッツ」のシェフ、アンドニ・ルイス・アドゥリス氏との親交が映像で取り上げられました。

珠型三段重をティースタンドに見立ててアフタヌーンティーを演出。嬉野温泉「菓寮 手毬」の練り切りや「ピエール・エルメ」のマカロンなど、李荘窯業所となじみの深い菓子を盛り込んで。※写真は使用イメージです。

このようなトップシェフとの出会いから誕生したのが珠型三段重。「国内のレストランでも数多く使われています。おもてなしだけでなく、最近の家族は食事の時間がまちまちということも多いので、この三段重に料理を盛って置いておけば喜ばれるのでは、と思って」と寺内さん。自ら手料理で珠型三段重の日常使いのアイディアを紹介していただきました。

1段目は前菜、2段目はメイン料理、3段目はご飯ものという構成で料理が出せる珠型三段重。寺内さんが盛ったのは、旬の魚のセビーチェ、低温調理した佐賀牛のロースト、バスク風あさりのリゾット。スペイン料理に影響されたメニューでおもてなし。※写真は使用イメージです。

左から、(1)染付市松文(混柄)珠型三段重、(2)本銀彩槌目珠型三段重、(3)雲母銀彩飛び鉋珠型三段重、(4)赤呉須象嵌珠型三段重。別の写真はフォトギャラリーから。

サイズ:径16×高さ15.5センチ
発送予定:2022年10月中旬

小ぶりな珠型三段重は、数多くの文様がある中から4種をセレクト。おもてなしに1人分の料理を盛ったり、お菓子を盛って取り回したり、テーブルにオブジェとして置いたり、一器多用の使い方ができるのが魅力。

(1)染付市松文(混柄)珠型三段重 を購入する>>

価格:2万6400円(本体税込み)+梱包配送料1200円(税込み・全国一律)

(2)本銀彩槌目珠型三段重 を購入する>>

価格:3万3000円(本体税込み)+梱包配送料1200円(税込み・全国一律)

(3)雲母銀彩飛び鉋珠型三段重 を購入する>>

価格:1万9800円(本体税込み)+梱包配送料1200円(税込み・全国一律)

(4)赤呉須象嵌珠型三段重 を購入する>>

価格:1万6500円(本体税込み)+梱包配送料1200円(税込み・全国一律)

※「販売のご案内」を必ずご確認ください。

 

有田焼の歴史は、陶祖・李参平が有田・泉山の地で磁石を発見したことから始まります。それだけに、有田焼を名乗るには磁器の生地色が美しいことが大切です。鎬(しのぎ)シリーズでは、生地を削る昔ながらの稜線文様を細かく均等に施すことで、クールな表情に仕上げています。そこに、ガラスに用いられることの多いサンドブラストで砂を吹きつけ、今までなかった表面処理を施すことで白磁に新しい質感をもたらしました。

シャープな“しのぎ”を施した清々しい印象の白磁のボウルは、サンドブラスト仕上げによってマットな手触りに。寺内さんは温かい根菜のローストをミックスリーフのサラダに盛りつけた。取り皿用の鉢には、口縁に錆釉が施されている。※写真は使用イメージです。

右・白磁ブラスト 鎬ボール(L)、左2点・渕錆白磁ブラスト 鎬ボール(S)。別の写真はフォトギャラリーから。

白磁ブラスト 鎬ボール(L)1点 渕錆白磁ブラスト 鎬ボール(S)2点(3点セット)

価格:2万4200円(本体税込み)+梱包配送料1200円(税込み・全国一律)
サイズ:(L)径24.5×高さ7センチ、(S)径15.5×高さ4.5センチ
発送予定:2022年10月上旬

器の外側と、内側の途中まで、シャープな“しのぎ”が入った大きなボウルと、取り分け用のボウル2点をセットに。サンドブラストで仕上げたマットな質感が特徴。サラダ、煮物、フルーツなど、和洋問わず使えるのも魅力。

※「販売のご案内」を必ずご確認ください。

 

一方、最新作の応量器では等級の高い天草産の真っ白な磁石を使わず、あえて等級の低い磁石を使っています。「磁石は限りあるもの。もともと禅僧のためだった器に、純度の高い真っ白な器はなじまないと思ったのです」。その白磁は、青い釉薬との相性もよく、淡くグレイッシュな肌合いに仕上がりました。現代の応量器には精進料理だけでなく、応量器のルールに従ってご飯、汁物、副菜、漬け物を盛りつければ、朝ご飯にもぴったり。いつもの食卓が格上げされそうです。「今後は有田焼のルーツともいえる泉山の磁石を使うことにも取り組んでいきたい」と寺内さん。有田焼の歴史や技術を大切に受け継ぎ、現代の食卓に柔軟に応える有田焼。李荘窯業所が目指す器です。

応量器の使い方の一例。大きな器から、韓国風鶏粥、みょうがと有明ののりの味噌汁、おくらのごまあえ、ちりめん山椒、いぶりがっこ、黄色の特製ゆずこしょう。おもてなしにも日常にも使える6点がセットになった器。※写真は使用イメージです。

器の表面に繊細な飛び鉋を施し、とろりとした淡い青釉がかけられた応量器。入れ子になるのでコンパクトに収納することができる。

別の写真はフォトギャラリーから。

淡青磁釉飛び鉋 応量器(6点セット)

価格:1万7600円(本体税込み)+梱包配送料1200円(税込み・全国一律)
サイズ:(最大)径13×高さ6センチ、(最小)径8×高さ1.5センチ
発送予定:2022年10月中旬

応量器とは禅宗の修行僧が使う個人用の食器のこと。その形を磁器で写した窯元の新作。器の側面には飛び鉋が入れられている。6点セットで、鉢から小皿まで入れ子でぴったりと収まるので、収納もしやすい。

※「販売のご案内」を必ずご確認ください。
李荘窯業所(りそうようぎょうしょ)
佐賀県西松浦郡有田町白川1-4-20
TEL:0955(42)2438 営業時間:8時30分~17時 不定休

〔1616/arita japan〕〔たなかふみえ〕の器はこちら>>

販売のご案内

必ず以下の項目をご確認、ご了承のうえ、お申し込みください。お申し込みされた場合、以下の項目にご了承いただけたものと判断させていただきます。

商品について

・器のサイズは一部を除いて0.5センチ単位で計測しています。

・器は手作りのため、サイズや色、形、仕上がりなどが写真や説明と異なる場合があります。

・数量に限りがある商品は、販売期間中であっても売り切れになる場合がございます。

購入について

・販売は2022年8月1日(月)~8月31日(水)の期間、現在の記事ページからのみ行います。お電話での事前予約やお取り置きはお受けできません。

・ご購入にあたり、家庭画報.com無料会員登録が必要になります。商品ページにある商品購入リンクをクリックするとご案内が表示されます。

・ご購入は、クレジットカード決済もしくは銀行振込にて受け付けます。商品をクレジットカードでご購入の場合は、ご注文の段階で決済処理をさせていただきます。また、銀行振込でご購入された際は、ご入金を確認次第、ご購入完了となります。

・カード決済の不備や期日までに銀行振込が行われなかった場合は、キャンセル扱いとさせていただきます。その場合のご連絡はいたしませんので、予めご了承ください。

・銀行振込でのお支払いをご希望のお客様には、お申し込みの受付が完了した時点で、振込先口座と金額をメールにて自動配信いたします。メールの到着から10日以内にお振込みください。メールが届いていない場合@sekaibunka.co.jpの受信許可設定や迷惑メールフォルダをご確認ください。

・領収書の発行が必要な場合は、家庭画報.com ID会員用お問合せフォームよりご連絡ください。

配送について
・商品はそれぞれの製作所から直送いたします。

・お届け時期は商品ごとに異なります。詳しくは各商品説名の「発送予定」をご確認ください。

・配送の日時指定はお受けしておりません。

・配送可能地域は日本国内です。

・ギフトラッピングやメッセージカードはお受けしておりません。

返品・交換について

・ご注文後のキャンセルは原則として出来かねますのでご了承ください。

・商品間違い、破損、欠陥以外での、お客様都合での返品はできません。

・ご注文の商品が届きましたら、すぐに開梱のうえ、ご注文の商品がすべて揃っているか、商品に破損がないかお確かめください。商品の破損、ご注文と違う品物がございましたら、商品到着後7日以内に、家庭画報.com ID会員用お問合せフォームからご連絡ください。

お問い合わせ
家庭画報事務局・お客様係
E-mail:sid.toiawase@sekaibunka.co.jp


特定商取引法に基づく表記>>

表示価格はすべて税込みです。

撮影/久間昌史 取材・文/平井しのぶ(李荘窯業所)

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

1月号 12月1日発売

日本の絶景 神社巡り

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading