暮らしのヒント

九紫火星の2022年の運勢は?【九星気学が明かす開運の鍵】

山口知宏の社会運勢学 社会運勢学の九星気学では、自分を取り巻く外気と個人の内気、それぞれのエネルギーの接点から一年の運勢を見ていきます。外気を示す年盤と各星の運気が導く開運法を道標として活用してください。九星気学総括「九星気学が明かす2022年のあなたの運勢」はこちら

九紫火星(きゅうしかせい)
内なる自分の可能性を見つけさらなる成長へ進し自己改革を

九紫火星

【全体運】

2021年、九紫火星は人生の大転換期の入り口にいました。こうした変化の傾向は2022年も継続。どうやら、宇宙はもう一回りも二回りも九紫火星の成長を望んでいるようです。

ただし、変化の質が違います。今着ている「自分」という上着を脱ぎ去り、まったく別の自分へ解脱を図る運勢です。だからこそ、あらゆる可能性に挑戦したい年。

九紫火星の九は「究」であり、徹底して物事を追求することを表しています。そして「火」は実態のないもの。本質は、「まだ見えない可能性を追求すること」にあります。

本拠地に帰る2022年は、本質のままに内に眠った可能性を追い求めることに情熱を燃やすと運気が保たれます。

梅雨頃になると、2023年の坎入の足音が聞こえてきます。そのため、前半ダッシュで、自己改革に勤しみましょう。

【対人運】

周囲を取り巻く人間関係に心を砕きたい一年。人は「誰と出会い、誰と一緒にいるか」で、その後の行動が変わるからです。

人生の拡大を求めて研鑽を積むことが大切な2022年は、自分を導く「師」の存在が必要不可欠。そして、その縁を絶対に離さないことが、その後の運を大きく左右します。

成長を促してくれる師には、できるだけ会いに行きましょう。師が鬼籍に入っていても、墓前で手を合わせること。九紫火星が師を忘れない限り、師は生き続け、導き続けてくれるはずです。

家族との絆も取り戻しておきたいところ。2023年の坎入を乗り切るには、夫婦関係がものをいうため、今までもらった恩を返す気持ちで過ごしましょう。2021年、一緒に過ごす時間が少なかった人はなおさらです。

【金運】

2022年は、何かと出費が増えるときです。自分の可能性を広げることが開運につながる年なので、お金が出ていく運気なら、学びに投資してみるのはいかがでしょう。

たとえば、資格取得のための勉強や、乗馬、絵画、料理などを本格的に習うなど、趣味の領域から一歩踏み込んだ真剣な学びに取り組むのが福を呼びます。

【健康運】

健康面で気をつけたいのは循環器系。不眠症を生じやすい運気なので、快眠グッズを購入するなど工夫をしてみましょう。貧血の人は、食生活の改善だけではなく、一度診察を受けるとよい結果になることも。

九紫火星は我慢強いところがあるため、意識して体を休息させる時間を作ること。睡眠時間をきちんととることが吉の一年です。

2022年運気アップの鍵は

●味方になるキーパーソン
三碧木星、四緑木星

●開運行動
映画鑑賞、カラオケ、森林浴、飛行機での旅行

●開運フード
トマトのパスタ、グリーンサラダ、ゴーヤーを使った料理

山口知宏(やまぐち・ともひろ)

一般社団法人社会運勢学理事・ネクストフロネシスブレイン代表取締役。経営コンサルタント。注目のシンクタンク、マインドズームでもその講義はキャンセル待ち続出の人気講師。

監修/山口知宏 写真/PIXTA 取材・文/小倉理加

『家庭画報』2022年2月号 別冊付録「2022年決定版 開運・招福術」掲載。
この記事の情報は、掲載号の発売当時のものです。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

1月号 12月1日発売

日本の絶景 神社巡り

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading