暮らしのヒント

四緑木星の2022年の運勢は?【九星気学が明かす開運の鍵】

山口知宏の社会運勢学 社会運勢学の九星気学では、自分を取り巻く外気と個人の内気、それぞれのエネルギーの接点から一年の運勢を見ていきます。外気を示す年盤と各星の運気が導く開運法を道標として活用してください。九星気学総括「九星気学が明かす2022年のあなたの運勢」はこちら

四緑木星(しろくもくせい)
言い訳を捨て、壮大な目標を掲げ、新大陸を目指して船を進める

四緑木星

【全体運】

2021年の努力が認められ、2022年の運勢は年間を通じて強い一年です。とりわけ6月から10月にかけての運勢の強さは驚くほどで、四緑木星の願いをすべて叶えるほどのパワーを持っています。

その運気の力を自身の開運につなげるだけの決意と行動力があるかが鍵。本来、家でのんびり過ごしたい星ですが、この一年は冒険の一年ととらえ、未知なる自身の可能性を引き出すように大胆に行動したいところです。

重要なのは、目標の明確化。今まで、元来の運のよさで人に助けられてなんとなく過ごしてきた四緑木星ですが、今年は自分自身で夢を描くこと。

必要なものはすべて手配される運気なので、言い訳は一切捨てて実現に向かいましょう。言い訳は、順風満帆な高運気の足を引っ張ります。

皆が持ち込んでくれたチャンスを当たり前と受け取る高慢さや、自身の非を認められないわがままさなども克服すると最高の一年となります。

【対人運】

2022年はあらゆる方面から四緑木星に声がかかります。そうした声に応えていくうちに、自然と活動範囲が広がり、新たな人間関係が構築される飛躍の一年です。

この運勢の強さは、謙虚になるほど強くなるので、「ありがとうございます」「ごめんなさい」「お願いします」の3つの魔法の言葉をもって臨みましょう。

リスクをとって果敢にトライする年の中では、リスクを小さくする意味でも師と呼べる人がいると目覚ましく活躍できます。特に、4、5月の運気が低調なときに助けてくれる人との関係は大切に。

家族を大切にするかどうかも運勢の善し悪しを分けます。家庭内の問題が解決しないときは、家族揃って自然の中に旅行に出るのもおすすめです。

【金運】

金運も絶好調です。旅行や仕事上のおつきあいなど、開運につながる出費はありますが、そういうお金はかえって積極的に使うこと。お世話になっている人へのお礼の贈りものもよいでしょう。お金をかけて本格的に習い事を始めるのも吉と出る年です。

【健康運】

健康面でも、心配はいりません。逆に頑張りがきくので、思う存分活躍できます。風邪など多少の不調が出ても、かえって無理な頑張りに歯止めがかかり健康を保つことになるほどです。

ただし、疲れすぎるとおなかを壊しがちになるので、体を冷やさない気配りを忘れないようにしましょう。また、股関節の痛みが出たら、早めに専門家を頼るのが賢明です。

2022年運気アップの鍵は

●味方になるキーパーソン
一白水星、九紫火星

●開運行動
マリンスポーツ、神社仏閣巡り、クルーズ旅

●開運フード
オマール海老のグリル、鰻重

山口知宏(やまぐち・ともひろ)

一般社団法人社会運勢学理事・ネクストフロネシスブレイン代表取締役。経営コンサルタント。注目のシンクタンク、マインドズームでもその講義はキャンセル待ち続出の人気講師。

監修/山口知宏 写真/PIXTA 取材・文/小倉理加

『家庭画報』2022年2月号 別冊付録「2022年決定版 開運・招福術」掲載。
この記事の情報は、掲載号の発売当時のものです。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

1月号 12月1日発売

日本の絶景 神社巡り

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading