暮らしのヒント

九星気学が明かすあなたの運勢。2022年は「本来の自分の役割を意識すること」が大切

山口知宏の社会運勢学 社会運勢学の九星気学では、自分を取り巻く外気と個人の内気、それぞれのエネルギーの接点から一年の運勢を見ていきます。外気を示す年盤と各星の運気が導く開運法を道標として活用してください。

九星気学が明かすあなたの運勢。2022年は壬・寅・五黄土星

2022年の運勢の年盤

2022年の運勢の年盤

節分の後から新しい年が始まると考えるため、これは2022年2月4日からの運勢の年盤。大歳とは、その年の十二支の方位のため、2022年は寅で東北東、その反対方向の西南西は破壊と呼ばれ、万人に凶方位となる。歳徳と呼ぶ恵方は北の西側10度に位置する。

各星が本来の位置に戻り“使命”が鍵になる年

古来、象形文字から発生した漢字は王族やシャーマンが呪術に用い、そのパワーを活用してきた歴史があります。

外気を表す十干・十二支の文字に込められた意味から、自分で活用できるものを取り入れれば、天地の気に合った行いとなり、追い風を受けられます。

2022年は、「壬・寅」。「壬」は、「任」となるため、自ら責任を負う人、人の世話を焼く行動は運気アップにつながります。人からお役目をいただいた場合も、活躍できる運気です。

「寅」は、一つ屋根の下に人が向かい合う文字のため、話し合い、心を一つにまとまれば新しい芽が出ます。

そして、「五黄土星」が中宮に廻座する2022年は、9年ぶりにすべての星が本来の居場所に戻ってきた年盤になります。そのため、本来の自分の役割を意識することが非常に大切です。

人間は、運命、宿命、天命、使命という4つの命を生きるといわれています。使命とは、天がその人に与えた役割を都度、懸命に努力していくこと。使命を果たすことで、天の計らいとしか思えないご縁が発生します。

運のよさは、よいご縁がもたらします。各星のページでは、運勢とともに2022年の年盤に沿った陰陽五行から導いた開運キーパーソンから行動、食事までをあげたので、楽しみながら、充実した一年をお過ごしください。

九星気学で自分の本命星を見つけましょう

九星気学で自分の本命星を見つけましょう

(1)西暦の生まれ年の各数字を、1~10のいずれかになるまで足してください。
(2)11からその数字を引いた数の星があなたの本命星です。

※ただし、1月1日~2月3日に生まれたかたは前の年の本命星になります。例えば1973年1月30日生まれのかたは、1972年生まれとして計算してください。

九星気学

●一白水星の2022年の運勢はこちら>>
●二黒土星の2022年の運勢はこちら>>
●三碧木星の2022年の運勢はこちら>>
●四緑木星の2022年の運勢はこちら>>
●五黄土星の2022年の運勢はこちら>>
●六白金星の2022年の運勢はこちら>>
●七赤金星の2022年の運勢はこちら>>
●八白土星の2022年の運勢はこちら>>
●九紫火星の2022年の運勢はこちら>>

山口知宏(やまぐち・ともひろ)

一般社団法人社会運勢学理事・ネクストフロネシスブレイン代表取締役。経営コンサルタント。注目のシンクタンク、マインドズームでもその講義はキャンセル待ち続出の人気講師。

監修/山口知宏 取材・文/小倉理加

『家庭画報』2022年2月号 別冊付録「2022年決定版 開運・招福術」掲載。
この記事の情報は、掲載号の発売当時のものです。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

1月号 12月1日発売

日本の絶景 神社巡り

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading