伝統工芸

佐賀が誇る名窯の器で晴れやかな食卓を[ピースクラフツSAGA]

祖父から孫へ。伝統の窯に新しい風を吹き込んで

陶芸 井上萬二窯
井上萬二さん・井上祐希さん

華やかな絵付けが多い有田の地にあって、白磁のみを追求し続ける人間国宝の井上萬二さん。90歳を超える現在も精力的に器作りに取り組んでいます。

〔返礼品〕◇井上萬二・白磁緑彩釉桜彫文 珈琲碗 カップ直径8.2×高さ7.2センチ、ソーサー直径15.9センチ/寄付金額35万円

10年前には孫の祐希さんも「井上萬二窯」に入り、作陶生活を開始。「伝統的な技術は教えますが、アイディアは教えない。自分なりの手法を究めてほしいからね」という祖父に対して、「生地の美しさ、ろくろの技術という井上窯ならではの伝統を踏まえつつ、わくわくしてもらえるような自分らしい表現を心がけています」と話す祐希さん。

〔返礼品〕◇井上祐希・黒釉滴対飯碗 直径12×高さ6.5センチ、直径11×高さ6センチ/寄付金額5万円

「有田焼に興味を持っていただくきっかけになれば」と異業種とのコラボレーションにも積極的に参加。レジェンドの作品も若き才能の器も、ともに入手可能なのがピースクラフツSAGAの魅力でもあります。

〔返礼品〕◇井上萬二・白磁青海波ぐい呑(小) 直径6.3×高さ4.8センチ/寄付金額20万円

〔返礼品〕◇井上祐希・天目銀滴汁碗(小)直径10.5×高さ6センチ/寄付金額2万5000円

Information

ピースクラフツSAGA

「ピースクラフツ SAGA」
オンラインショップ

上質な佐賀の伝統工芸に特化したオンラインショップがオープン! 価格はすべて税込み2万円以下。収益は佐賀の伝統工芸支援活動に活用されます。

ピースクラフツSAGAオンラインショップを見る>>

表示価格はすべて税込みです。

撮影/角田 進 取材・文/露木朋子

『家庭画報』2022年1月号掲載。
この記事の情報は、掲載号の発売当時のものです。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

6月号 4月30日発売

絶景の開運スポットへ

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading