ライフスタイル

信頼できる上質なものをずっと大切に。佐伯ようこさん「おしゃれだった祖母が憧れです」

同世代へ向けたデイリーなパール使いを提案

「自分にできることって何だろう?」。2013年、ご家族で赴任先のロンドンから帰国し、お嬢さんも中学に進学したこの頃、自分の時間を取り戻した佐伯さんは自問を重ねます。

「真珠を編むことはできるから、まずはブレスレットを作ってみよう……と恐る恐る取り組んでみたのがスタートです。祖母からは、こんな作品で仕事始めるのって言われましたが(笑)、がんばってと応援をしてくれました」

「子供の頃に祖母から習った編み方がクラシックだったので、仕事を始める際に改めて今のテクニックを学び直しました」

実は、ロンドンに駐在する際にも、お祖母さまは佐伯さんにたくさんのパールと糸を持たせてくださったのだとか。「“困ったときに助けてくれた方に、編んでプレゼントできるでしょ。きっと時間もあるし(笑)”って。確かに言うとおりで、ブレスレットを編んでお世話になった方に送りました」。

もしやこれは、お祖母さまの深謀遠慮だったのか!? 2015年にはその名も「グランマズパール」を起業。普段使いからオーダーメイドまで、幅広いパールアクセサリーの製作・販売を手がけています。

「同世代やもう少し上の年代の方に、デイリーに楽しんでいただけるようなパールアクセサリーも作っています。パールの質を落とすことなく、糸の色を替えたり、個性的な金具と組み合わせてみたり。

入り口としてはブレスレットがおすすめですね。手元にあるといつも目が行くから、パールの輝きで凛とした気持ちになるし、パールが守ってくれるような安心感も得られる。そこからアイテムを広げてみてはいかがでしょうか」

そうおっしゃる佐伯さんの耳元にはパールのピアスが。「祖母が守ってくれているようで心強いんです」とにっこり。

ご実家のアトリエでジュエリーを製作する佐伯さん。絵画に造詣の深いお父さま、美大を出て彫金をされるお母さまと両親も感性豊か。

家庭画報.comの「会員登録」が始まりました

特別な情報や体験をいち早くお届けするために、新しい会員制プログラム「家庭画報.com無料会員」をスタートしました。会員さま限定のサービスは下のURLよりご覧下さい。登録は無料です。この機会に、ぜひご登録ください。

https://www.kateigaho.com/91925/

撮影/西山 航 取材・文/露木朋子 花/waragai

●お問い合わせ

コウジアトリエ
電話:03-3571-4385 https://www.koji-atelier.co.jp/

Pick up注目記事

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

家庭画報2022年1月号

1月号 12月1日発売

新年を寿ぐ

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading