ライフスタイル

母から娘へ受け継がれるジュエリーや、きもの。毛木 愛さん「あたたかな想いが宿った宝物です」

そして現在の小さな悩みは、20代半ばのお嬢さんと「アクセサリーの好みが合わないこと(笑)。私の持っているお気に入りのピアスを使ってほしいから、娘にもピアスの穴を開けてもらったほどなのですが、微妙にセンスが違うみたいで。でも年を重ねていくと、また変わっていくかしら、とそれも楽しみなんですけれど」。

アクセサリーやファッションの好みは違っても、娘さんとは一緒にライブや食べ歩きに行くほどの仲良し。「息子とも“最近読んだ中でこの本が面白かった”、“じゃあ同じテーマのこの漫画はどう?”なんてすすめてくれることもよくあります。本を共有したり、今どきの音楽を教えてもらったり。

何かと口実を設けて、大好きなホテルニューオータニやディズニーランドに家族そろって出かけるのも、とにかく楽しいから」。

司書でもあり、読書クラブも主宰するほどの本好き、活字好き。「最近のナンバーワンは中山七里さんの『護られなかった者たちへ』。あらゆる意味でショックを受けた一冊でした」。

親から子へ伝えていくのはモノだけではありません。共に過ごした時間の、その瞬間に感じたときめきや高揚感、記憶に染みついた一場面。ふとした時に思い出すその一こまが、その先の日々に力や指針を与えてくれることは、毛木さんご自身が一番よくご存じです。

凛とした母の姿が、常に心の片隅に

毛木さんが愛してやまない、お母さまから譲り受けたアクセサリー(左・中・中右の3点)と婚約指輪・結婚指輪(右2点)。海外でのお仕事が多かったお父さまからお母さまへのお土産は、いつもジュエリーだったそうです。

「母は常にちゃんとした人でした。父の仕事関係の方がいつ自宅に来ても恥ずかしくないよう、家の中もきちんとして。もちろんお洋服もお化粧もととのえて。それがどれだけ大変かなんて、当時はわかりませんよね。私が小学生のときは毎年、年始で忙しかったであろうに、剣道の連日の寒げいこに明け方から付き添ってくれました。暗い冬の朝に、車を運転するその凛とした姿は今も目に焼きついています」。

50歳を過ぎた今となっても、“そんな母に恥をかかせるわけにはいかない”という気持ちは常にどこかにあり、日々の行動の指針やブレーキとなるとおっしゃる毛木さん。

「どんなに忙しくても、朝食は家族と一緒にとった父。のんびり育った私が就職するときには、いろいろと心配をして、とても細かいアドバイスを送ってくれました。気性の異なる三姉妹を公平に育てるのは、並々ならぬ苦労があったんだな、というのは自分が子育てをして初めてわかったこと。いつか天国で両親に会えたなら、“よくがんばったね”と褒めてもらいたい……、ずっと心の中ではそう思っていることに最近気がつきました」。

ご両親から毛木さんへ、そしてお子さんたちへ。愛と笑顔に満ちた家族の物語は、これからも優しく紡がれていくことでしょう。

家庭画報.comの「会員登録」が始まりました

特別な情報や体験をいち早くお届けするために、新しい会員制プログラム「家庭画報.com無料会員」をスタートしました。会員さま限定のサービスは下のURLよりご覧下さい。登録は無料です。この機会に、ぜひご登録ください。

https://www.kateigaho.com/91925/

撮影/大見謝星斗 取材・文/露木朋子 ヘアメイク/長谷川廣紀 花/ジャルダンノスタルジック

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

10月号 9月1日発売

癒やしの絶景美術館

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading