伝統工芸

家庭画報×福岡県伝統工芸 暮らしを彩る匠の技【藤野幸信さん編】

福岡県の伝統工芸をフローリスト・藤野幸信さんがプロデュース!

博多織、小石原焼、高取焼を受け継ぐ匠たちの技に、家庭画報でもお馴染みの3名の匠の感性を融合。ニッポン手仕事図鑑との共同プロジェクトとして工房や窯元を訪問。歴史や技法に触れ、伝統的工芸品の美しさを生かしつつ新たな発想を組み込んだ、モダンな逸品が生まれました。記事一覧はこちら>>

「穴の数だけデザインできる花器です」

藤野さんが小石原焼の窯元を訪ねたときに感動したという伝統技法、飛鉋文様が側面に、藁刷毛文様が正面に施された、壁掛けできる花器『藁刷毛飛鉋文花器「創」』。壁に掛けたときと置いたときで、花も花器も異なる表情が楽しめる逸品です。

壁掛けで使う場合は、まず花器を壁に掛けてから水を入れ、花を生けていく。※掲載した写真の色や素材感が、実際の商品と若干異なる場合があります

大小数か所ある穴は、茎のさまざまな太さに対応できるようにと考えられました。「穴もデザインの一つなので、すべてを花で埋めなくても大丈夫。たとえ花を生けなくても、伝統工芸品を所有する喜びを感じていただけたら嬉しいです」と藤野さん。

平置きして生けるときは、穴を剣山のように使うとよい。※掲載した写真の色や素材感が、実際の商品と若干異なる場合があります

1.花や空間を選ばない小石原焼の「花器」

サイズ(約):径22.5×高さ5㎝ 重さ(約):1.65㎏ 製造:まるた窯(小石原焼)※ページ下部のフォトギャラリーにさらに詳しい商品写真がございます

藁刷毛飛鉋文花器「創」(わらばけとびかんなもんかき そう)

4万1250円(税・送料込み) 2021年9月末までにお届け

本体3万9600円(税込み)+送料1650円(税込み)

壁掛けでも、平置きでも使える小石原焼の花器。一つひとつの穴が花留になっており、立体的に生けることができる。和花・洋花、空間を選ばないデザインで、多様なアレンジが可能。

※ご購入にあたり、ページ下部にある「販売のご案内」を必ずご確認ください。


 

「旬の花を博多織の美しさとともにご堪能ください」

「糸枠型花器『旬花』」は、博多織の工房で見て印象的だった糸枠を生かしたいという想いから生まれました。生地は糸枠に巻くほかに、ランナーとして下に敷いても使えます。

ベージュ地の博多織の生地を木枠に巻き付けた状態。※掲載した写真の色や素材感が、実際の商品と若干異なる場合があります

「組み合わせ方にも生け方にも決まりはないので、ぜひ自由に大胆に生けていただきたいですね」

白地の博多織の生地を木枠に巻き付けた状態。小石原焼の中にフローラルフォームや剣山を入れると花が生けやすい。※掲載した写真の色や素材感が、実際の商品と若干異なる場合があります

2.博多織が美しい、糸枠をイメージした「花器」

セット内容(サイズは約):博多織生地 ベージュ地、白地 各1枚計2枚(10.5×47㎝)、小石原焼花器1個(径9.5×高さ7㎝)、木枠1個(11×11×高さ15㎝) 製造:鴛海織物工場、協和織工場(ともに博多織)、やまぜん窯(小石原焼)※ページ下部のフォトギャラリーにさらに詳しい商品写真がございます

糸枠型花器「旬花(しゅんか) 」

2万3650円(税・送料込み) 2021年9月末までにお届け

本体2万2000円(税込み)+送料1650円(税込み)

織物工房で生糸を巻き付けるのに使われる糸枠をイメージした木枠に、小石原焼の陶器をはめ込んだ花器。博多織の飾り生地は着脱可能で、ベージュと白のセット。花の色や場面に合わせて使い分けできる。

※ご購入にあたり、ページ下部にある「販売のご案内」を必ずご確認ください。


 

家庭画報×福岡県 暮らしを彩る匠の技

藤野幸信/Yukinobu Fujino

フローリスト。広島市段原にある「フルール トレモロ」のオーナー。自ら生産者情報を入手し、厳選した季節の花々でブーケを束ねる。家庭画報.comの人気連載「365日の贈り花ダイアリー」を一冊にまとめた、『大切な人への贈り花』を2021年4月に刊行(世界文化社刊)。

宮澤奈々さん編
横瀬多美保さん編
藤野幸信さん編


販売のご案内

必ず以下の項目をご確認、ご了承のうえ、お申し込みください。お申し込みされた際、以下の項目にご了承いただけたものと判断させていただきます。

<ご購入について>

・受注生産商品のため、お届けに時間がかかります。ご購入にあたっては、各商品のお届け予定日をご確認ください。

・「HAKATA ZEN(白・灰)」を除く商品は、配送パッケージの都合上、一度のご購入につき1つしかお買い求めいただけません。複数の購入をご希望の場合、恐れ入りますが再度カートに商品を入れてご購入ください。

・販売は2021年6月1日(火)~30日(水)のあいだ、各商品詳細ページ(本記事本文を参照)からのみ行います。お電話での事前予約やお取り置きはお受けできません。

・ご購入にあたり、家庭画報.com無料会員登録が必要になります。各商品ページにある商品購入リンクをクリックするとご案内が表示されます。事前にご登録される場合は、こちら>>からお手続きください。

・ご購入は、クレジットカード決済もしくは銀行振込のご入金順で受け付けます。ご入金を確認次第、ご購入完了とします。万が一、ご購入がほかのお客様と重複した場合にはこちらからご連絡差し上げます。

・カード決済の不備や期日までに銀行振込がなされなかった場合は、キャンセル扱いとさせていただきます。その場合のご連絡はいたしませんので、予めご了承ください。

・銀行振込でのお支払いをご希望のお客様には、お申し込みの受付が完了した時点で、振込先口座と金額をメールにて自動配信いたします。@sekaibunka.co.jpの受信許可設定をお願いいたします。

・ご希望商品が売り切れの場合、キャンセル待ちご希望のお客様は、商品名と購入希望点数をご記入の上こちら>>からお問い合わせください。

<配送について>

・配送は製作者より直送いたしますので、予めご了承ください。なお、お客様の個人情報を配送元が今回ご注文の商品の配送以外に使用することはありません。

・お届け時期は商品によって異なります。あらかじめご確認ください。お届け予定日や伝票番号の連絡は、ご登録いただいたID(メールアドレス)宛にご案内いたします。

・配送の日時指定はお受けしておりません。

・配送可能地域は日本国内です。

<返品・交換について>

・不良品・商品間違い以外での商品の交換はできません。商品の性質上、一度お使いになったものは返品できません。

・ご注文の商品が届きましたら、すぐに開梱のうえ、ご注文の商品がすべて揃っているか、商品に破損がないかお確かめください。商品の破損、ご注文と違う品物がございましたら、商品到着後7日以内に、sid.toiawase@sekaibunka.co.jpにご連絡ください。状況を確認後、交換させていただきます。在庫切れの場合は、作り直しをお待ちいただくか、ご返金にて対応いたします。

<その他>

・領収書の発行が必要な場合は、sid.toiawase@sekaibunka.co.jpにご連絡ください。

・商品は手作りのため、仕上がりが写真と異なる場合があります。

・ギフトラッピングやメッセージカードはお受けしておりません。

●お問い合わせ先
家庭画報事務局
メール:sid.toiawase@sekaibunka.co.jp
電話:03-3262-5851(土曜・日曜・祝日を除く10時~17時。緊急事態宣言発令中はお電話が繋がらない場合がございます。その際はメールでのお問い合わせをお願いいたします。)

表示価格はすべて税込みです。

撮影/藤野幸信、本誌・西山 航 スタイリング/藤野幸信 協力/福岡県 企画/ニッポン手仕事図鑑

『家庭画報』2021年7月号掲載。
この記事の情報は、掲載号の発売当時のものです。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

7月号 6月1日発売

新「洋食器」の楽しみ方

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading