美味手帖

いろいろなフレーバーを堪能できるイタリアの工房が作るチョコレート

My Delicious 喜ばれる手土産/齊藤千晴さん(1級フードアナリスト)

世界を歴訪し、食文化を探究する齊藤千晴さんにとって、イタリアはお気に入りの国。

そんな齊藤さんが手土産に利用するのが、イタリアを代表するブランド「アルマーニ」のチョコレートです。

アルマーニのチョコレート

「ホワイトからビターまで、味の幅があり、飽きのこないおいしさです」と齊藤さん。「キューブ形のサイズ感も、ひと口でいただける、ちょうどよいボリュームです。エスプレッソやコーヒーはもちろん、ブランデー、ワインなどアルコールとの相性もいいですよ」。

「見た目にも、美しさと風格が漂っています。銀座店など限られた店舗でしか購入できない特別感もあり、性別や年齢を問わず喜ばれます」。

アルマーニのチョコレート

ブランドイニシャル「A」をあしらったプラリネチョコレートに、季節ごとに変わるフレーバーチョコレートを合わせたアソートボックス「プラリネ」(16個入り 5800円)。/アルマーニ/ドルチ

今春からトリノのチョコレート工房「グイドゴビーノ」が製造を手がけるようになり、さらに洗練された味わいになったことも、お気に入りのポイントです。

「口に含んだときの香りと、口溶けの軽やかさ、こくのある味のバランスが絶妙です。イタリアのチョコレートの特徴である濃厚な甘さは控えめに、すっきりとした上品な後味で、ひと粒で幸せを感じられます」。

齊藤千晴さん

齊藤千晴(さいとう・ちはる)さん
1級フードアナリスト。世界122都市を旅し、各国の美食と郷土料理に出会う。テレビ・雑誌などで幅広い食情報を発信し、食のイベントの企画や審査員、レシピ開発も手がける。

Information

アルマーニ/ドルチ

表示価格はすべて税抜きです。

撮影/本誌・西山 航

『家庭画報』2019年12月号掲載。
この記事の情報は、掲載号の発売当時のものです。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2020年1月号 11月30日(土)発売

新春特別付録つき!

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading