美味手帖

「ドゥ アンジュ ア ターブル」完全紹介制のレストランが出張フレンチ!とっておきのワインと共に

最旬の出張シェフ&パーティボックス 第3回(全10回) シェフを自宅に呼んでの特別な日のディナーから、開いただけですぐに楽しめるお洒落な料理が詰まったパーティボックスまで、自在にカスタマイズできる“おもてなし”が今、人気です。この春おすすめの最新情報をお届けします。前回の記事はこちら>>

Q とっておきのワインが主役のディナーを催したい
A「ワインの個性を引き立てる料理を考えました」ーードゥ アンジュ ア ターブル

思い入れのあるワインは、ふさわしい料理とともにおいしくいただきたいもの。主役のワインと料理が高め合うフランス料理のコースであれば、心に残るひとときとなるでしょう。

「ドゥ アンジュ ア ターブル」は、季節感溢れる軽やかな料理が特徴のフランス料理店です。この完全紹介制のレストランは1日2組限定。

柏原敏宏さん

シェフの柏原敏宏さんは1人で料理からサーブまで切り盛りしながら、出張シェフとしても多くのお宅で腕をふるっています。

シャルム・シャンベルタン1995 シストロン産の仔羊のひと皿

シンプルに焼いた仔羊を、たっぷりの野菜とともに。豊かな香りがワインの風味と調和する。

今回は、ブルゴーニュの銘醸ワイン「シャルム・シャンベルタン1995」のヴィンテージの1本に合わせて、フランスでも最高級と謳われるブルターニュ地方・シストロン産の仔羊のひと皿がメインディッシュに用意されました。

「熟成感と奥行きがありつつ、程よい酸味も備え重すぎないこのワインには、なめらかな肉質で、繊細なうまみと香りが印象的な仔羊がよく合います」と柏原さん。

レストランだからこそ入手できる素材をプロの技で仕立てた料理は、特別なワインにぴったりと寄り添ってくれます。

山菜を盛り込んだ春らしいひと皿

シャンパーニュの「クリスチャン・セネ ブ リュット ミレジメ1996」には、さっとソテーした赤座海老にカリフラワーのソース、山菜を盛り込んだ春らしいひと皿を。

Information

ドゥ アンジュ ア ターブル

東京都港区南青山2-7-3 AOYAMA273ビル2階

  • メール/info@deuxanges.jp
    料金/10万円~(人数にかかわらず)。
    写真の料理は1名1万5000円コース(7品)の一例。
    予約/1週間前までに要予約。
    出張エリア/都内、東京近郊(要交通費・出張費)。
    ※ご予約の際は、家庭画報を見たとお伝えください。

柏原敏(かしはら・としひろ)さん

柏原敏(かしはら・としひろ)さん

広尾にあった「プティ ポワン」でフランス料理を学び、2017年に「ドゥ アンジュ ア ターブル」をオープン。栃木県で無農薬・無化学肥料により栽培される「駒場農園」の野菜がふんだんに使われる。

表示価格はすべて税抜きです。

撮影/本誌・坂本正行 取材・文/柴田 泉

「家庭画報」2019年4月号掲載。
この記事の情報は、掲載号の発売当時のものです。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

【4/1発売】『家庭画報』2019年5月号

2019年4月1日(月)発売

心に残る「平成」という時代 『家庭画報』2019年5月号

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading