美味手帖

日本発“ビーントゥバー”ブランドから伊予柑やそばを使った「和チョコ」が登場!

バレンタイン2019 第6回(全8回) 魅力的な新商品が続々とお目見えするバレンタインデー。今年はどんなラインナップでしょう。家庭画報ドットコム編集部が注目するチョコレートを8回連載でご紹介します。前回の記事>>

日本の伝統的な模様をプリントした和紙のパッケージは、アクセントのゴールドが華やか。

日本初“ビーントゥバー”の「green bean to bar CHOCOLATE」からバレンタインデー限定のチョコレートが登場!

日本発の“ビーン トゥ バー”として、生産方法にこだわり、素材やパッケージに和のエッセンスを取り入れたチョコレートを提案している「green bean to bar CHOCOLATE」。

2019年のバレンタインデーには、選りすぐりの和の食材とチョコレートを融合させたスペシャルエディションのチョコレートが登場します。

「タブレット<CRANBERRY>」は、マダカスカル産カカオとタンザニア産カカオをプレンドして使用。「タブレット<IYOKAN>」は、マダガスカル産カカオ豆を使用。

タブレットは、クランベリーと麦パフをトッピングした「タブレット<CRANBERRY>」(1800円)と、愛媛県産の伊予柑とキャラメリゼしたくるみをトッピングした「タブレット<IYOKAN>」(1800円)の2種がラインナップ。

一口サイズの「ボンボンショコラ」(4個入り2000円、8個入り4000円)には、玄米茶や杏、ゆず、そばなど、和の食材を使用。それぞれが個性的で、1粒食べるごとに新しい発見があります。

こだわりのチョコレートをぜひ楽しんで。

Information

green bean to bar CHOCOLATE 中目黒店

東京都目黒区青葉台2-16-11

文/水浦裕美

※表示価格はすべて税抜きです。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2019年2月1日(金)発売

心弾む日本の極上ホテル 『家庭画報』2019年3月号

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading