美味手帖

東西の老舗より。まさに口福の連鎖、尽きない美味しさが魅力の「吹き寄せ」

家庭画報の手土産 第25回(全28回) 美しく、そして美味しい手土産は、私たちにとって相手を大切に想う心を伝える必携アイテムです。この特集では家庭画報ゆかりの皆さまや、家庭画報編集部の「美味手帖」から選りすぐりのアイテムを、セレクトしたエピソードとともにご紹介します。前回の記事はこちら>>

「吹き寄せ」という口福

手前がぎぼしの「吹よせ」。あっさり味がモットーでバラエティに富み、おつまみ昆布の旨みが口福感をそそる。缶入り(410グラム)3240円。奥が進世堂の「特撰江戸みやげ」。商標登録100年を記念した商品。抹茶や醬油味のあられ、揚げ餅、のり巻きといった絶妙なバランス9種に、国産100パーセント、こだわりのえびせんが入る。60グラム8袋の缶入り7800円。

愛され続けるお煎餅&あられアソートの妙。「吹き寄せ」という口福

木の葉や花が風に吹かれ寄せ集まる。日本の風景の「雅」を表現した「吹き寄せ」。今ではあられやお煎餅を組み合わせた国民的ソウルフードです。

その始まりを東西の老舗に尋ねると、いずれも明治初期。京都の昆布専門店「ぎぼし」の“吹よせ”は、当初よりあった「突き出し物」のえび煎餅や昆布の名残りが今に伝わっています。

一転、関東で吹き寄せといえば、東京・五反田にある「進世堂」の“江戸みやげ”が有名。2021年、商標登録をして100年を迎えました。ひときわ人気を誇るえびせんは、生えびの殻を手作業でむく丁寧さで、素材や工程へのこだわりが美味しさに直結しています。

口の中に広がる風味を堪能しながら手はもう次のひとつまみ。脳裏では次の美味しさの予感。まさに口福の連鎖。尽きない美味しさこそが、吹き寄せの魅力に違いありません。

●進世堂
東京都品川区西五反田7-8-10
TEL:03(3491)3092
全国発送可(店頭 要予約、電話、オンラインにて)

●ぎぼし
京都市下京区柳馬場通四条上る立売中之町108
TEL:075(221)2824
全国発送可(店頭、電話、FAX、オンラインにて)

〔特集〕家庭画報の手土産

01 家庭画報の手土産

02 和栗モンブランの「マロン御三家」

03 この秋に食べたい「モンブラン」

04 見た目の美しさに心躍る「絶景モンブラン」4選

05 中山秀征さん・白城あやかさんご夫妻と美味名店へ

06 「洋菓子ゴンドラ」のパウンドケーキ

07 散歩の途中に寄りたい「宝来屋本店」

08 中山秀征さん 白城あやかさんご夫妻と神楽坂へ

09 「神楽坂 五十鈴(いすず)」の職人技光る甘納豆

10 季節やシーン別にチーズを選んで詰め合わせ

11 中山さん&白城さんの“マイ・ブーム”な手土産

12 家庭画報編集部の「定番手土産」5選

13 トップメゾンの「美スイーツ」

14 後藤加寿子さん「とっておきの手土産」

15 穐原かおるさん「とっておきの手土産」5品

16 森下典子さん「とっておきの手土産」4品

17 なか又の「ふわふわ わぬき」

18 「七里香」のロースト小麦胚芽どら焼き

19 「どらやき 亥ノメ」ハッと驚く手土産を

20 「どらやき キツネイロ」の個性派どら焼き

21 食べ比べも楽しい おはぎ5選

22 「富士見堂」のあんこ天米

23 「杉戸煎餅」の揚げかき餅

24 「淡平」のお煎餅

25 尽きない美味しさが魅力の「吹き寄せ」


この特集の掲載号
『家庭画報』2022年11月号

『家庭画報』2022年11月号

撮影/本誌・西山 航 スタイリング/阿部美恵 取材・文/安藤菜穂子 取材協力/久保香菜子 平岩理緒

※特集内でご紹介する商品の情報、価格は2022年9月7日現在のものです。
事情により内容が変わる場合がございます。
商品のお取り寄せをご利用時、別途送料がかかる場合があります。あらかじめご了承ください。

『家庭画報』2022年11月号掲載。
この記事の情報は、掲載号の発売当時のものです。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

1月号 12月1日発売

日本の絶景 神社巡り

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading