美味手帖

伝統に現代のエッセンスを。香ばしさが新しい!「七里香」のロースト小麦胚芽どら焼き

家庭画報の手土産 第18回(全28回) 美しく、そして美味しい手土産は、私たちにとって相手を大切に想う心を伝える必携アイテムです。この特集では家庭画報ゆかりの皆さまや、家庭画報編集部の「美味手帖」から選りすぐりのアイテムを、セレクトしたエピソードとともにご紹介します。前回の記事はこちら>>

ふわふわの生地、変わり餡も楽し。どら焼き進化形

和菓子nanarica~七里香~

「七里香」の厨房でテンポよく焼き上げられていく、「ロースト小麦胚芽どら焼き」の生地。香ばしい匂いがふわりと広がる。

子どもから大人までどの世代にも愛されて心和ませる身近な和菓子どら焼きに、今、新風が吹いています。生地や餡にこれまでにない工夫を凝らした、作りたてのおいしさに出会えるお店を訪ねました。

●前回の記事を読む
なか又の「ふわふわ わぬき」

和菓子nanarica~七里香~(東京・早稲田)

和菓子nanarica~七里香~
ロースト小麦胚芽どら焼き 280円。

ロースト小麦胚芽が入った皮の香ばしさが新味を添える

“伝統と革新”をコンセプトにした、繊細な手作りの和菓子と出会える「七里香」。木製の番重に多彩なお菓子が行儀よく並ぶ売り場の奥にある工房で、朝早くから銅板の上で手焼きして作るどら焼きは人気商品の一つです。

和菓子nanarica~七里香~

特徴的なのは、ロースト小麦胚芽を含む3種類もの小麦粉をブレンドした生地で作る皮。香ばしくてふっくら弾力のある食感が、糖度を抑えて炊き上げた北海道産えりも小豆の粒餡とバランスよく調和します。伝統製法はそのままに現代のエッセンスをひとふり。丁寧な職人技とセンスを感じさせる、新しいけどほっとするおいしさです。

和菓子nanarica~七里香~
沈丁花のロゴマークが入った暖簾が揺れる店先。中にはカフェスペースもある。

Information

和菓子 七里香

東京都新宿区早稲田鶴巻町111

  • インスタグラム:@nanarica77
    本州内に限り発送可(店頭、電話にて)

〔特集〕家庭画報の手土産

01 家庭画報の手土産

02 和栗モンブランの「マロン御三家」

03 この秋に食べたい「モンブラン」

04 見た目の美しさに心躍る「絶景モンブラン」4選

05 中山秀征さん・白城あやかさんご夫妻と美味名店へ

06 「洋菓子ゴンドラ」のパウンドケーキ

07 散歩の途中に寄りたい「宝来屋本店」

08 中山秀征さん 白城あやかさんご夫妻と神楽坂へ

09 「神楽坂 五十鈴(いすず)」の職人技光る甘納豆

10 季節やシーン別にチーズを選んで詰め合わせ

11 中山さん&白城さんの“マイ・ブーム”な手土産

12 家庭画報編集部の「定番手土産」5選

13 トップメゾンの「美スイーツ」

14 後藤加寿子さん「とっておきの手土産」

15 穐原かおるさん「とっておきの手土産」5品

16 森下典子さん「とっておきの手土産」4品

17 なか又の「ふわふわ わぬき」

18 「七里香」のロースト小麦胚芽どら焼き

19 「どらやき 亥ノメ」ハッと驚く手土産を

20 「どらやき キツネイロ」の個性派どら焼き

21 食べ比べも楽しい おはぎ5選

22 「富士見堂」のあんこ天米

23 「杉戸煎餅」の揚げかき餅

24 「淡平」のお煎餅

25 尽きない美味しさが魅力の「吹き寄せ」

26 傑作・吹き寄せ9選

27 IKKOさんの「とっておきの手土産」5品

28 コシノジュンコさんの「とっておきの手土産」4品


この特集の掲載号
『家庭画報』2022年11月号

『家庭画報』2022年11月号

撮影/本誌・西山 航 取材・文/鈴木博美 取材協力/久保香菜子 平岩理緒

※特集内でご紹介する商品の情報、価格は2022年9月7日現在のものです。
事情により内容が変わる場合がございます。
商品のお取り寄せをご利用時、別途送料がかかる場合があります。あらかじめご了承ください。

『家庭画報』2022年11月号掲載。
この記事の情報は、掲載号の発売当時のものです。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

3月号 2月1日発売

私の最高レストラン

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading