美味手帖

周囲の誰もが認める食通、ギメル・穐原かおるさんの「とっておきの手土産」5品

家庭画報の手土産 第15回(全28回) 美しく、そして美味しい手土産は、私たちにとって相手を大切に想う心を伝える必携アイテムです。この特集では家庭画報ゆかりの皆さまや、家庭画報編集部の「美味手帖」から選りすぐりのアイテムを、セレクトしたエピソードとともにご紹介します。前回の記事はこちら>>

手土産上手の美味手帖より「私が今贈りたい、とっておき」

日頃から美味しい手土産を贈り贈られているみなさんが、虎の巻ともいえるご自分の美味手帖から、今贈りたい、とっておきの品々を教えてくださいました。

知られざる逸品で「元気」も贈りたい

穐原かおるさん(「ギメル」アートディレクター)

兵庫県生まれ。GIA(米国宝石学協会)で学んだのち、1974年に「ギメル」を設立。六甲山中腹に建つ工房で花や昆虫をモチーフにした優美なジュエリーを制作している。「美味しいものは感性を磨く」との考えから、社員食堂は知る人ぞ知るクオリティの高さ。撮影/川瀬典子

知られざる逸品で「元気」も贈りたい

おすすめの手土産を伺った際、何十もの商品を列記したリストを送ってくださった穐原(あきはら)かおるさんは、周囲の誰もが認める食通です。優しい笑顔でおっしゃる「食事はとても大事。食べ物に関心のない人は信用しないの」といった言葉から、食への高い関心が伝わります。

そんな穐原さんが今回厳選してくださった5品に共通するのは、「いつ食べても美味しくて、飽きない」こと。

「『はれま』のチリメン山椒なんて、50年くらいは食べていますが、まったく味が変わりません」と嬉しそうに話されます。「差し上げるかたが私みたいな美味しいもの好きの場合は、いつでも誰でも買えるもの“ではないもの”を、『こんな美味しいもの、あるんですよ』という感じで贈ることが多いですね。お祝いごとなら『末廣鮨』の豪華な手巻きずし。以前、『ギメル』の美術展の時に若旦那から陣中見舞いにいただいて大感激したもので、みなさん喜ばれます」。

常に食のアンテナを張り巡らせている穐原さんのもとには、日本中の美味が集まってくる模様。美味手帖の中身はこれからも増え続けていきそうです。

下のフォトギャラリーで詳しくご紹介します。

〔特集〕家庭画報の手土産

01 家庭画報の手土産

02 和栗モンブランの「マロン御三家」

03 この秋に食べたい「モンブラン」

04 見た目の美しさに心躍る「絶景モンブラン」4選

05 中山秀征さん・白城あやかさんご夫妻と美味名店へ

06 「洋菓子ゴンドラ」のパウンドケーキ

07 散歩の途中に寄りたい「宝来屋本店」

08 中山秀征さん 白城あやかさんご夫妻と神楽坂へ

09 「神楽坂 五十鈴(いすず)」の職人技光る甘納豆

10 季節やシーン別にチーズを選んで詰め合わせ

11 中山さん&白城さんの“マイ・ブーム”な手土産

12 家庭画報編集部の「定番手土産」5選

13 トップメゾンの「美スイーツ」

14 後藤加寿子さん「とっておきの手土産」

15 穐原かおるさん「とっておきの手土産」5品

16 森下典子さん「とっておきの手土産」4品

17 なか又の「ふわふわ わぬき」

18 「七里香」のロースト小麦胚芽どら焼き

19 「どらやき 亥ノメ」ハッと驚く手土産を

20 「どらやき キツネイロ」の個性派どら焼き

21 食べ比べも楽しい おはぎ5選

22 「富士見堂」のあんこ天米

23 「杉戸煎餅」の揚げかき餅

24 「淡平」のお煎餅

25 尽きない美味しさが魅力の「吹き寄せ」

26 傑作・吹き寄せ9選

27 IKKOさんの「とっておきの手土産」5品

28 コシノジュンコさんの「とっておきの手土産」4品


この特集の掲載号
『家庭画報』2022年11月号

『家庭画報』2022年11月号

撮影/本誌・西山 航 スタイリング(背景)/阿部美恵 フードスタイリング/福岡直子 取材・文/清水千佳子

※特集内でご紹介する商品の情報、価格は2022年9月7日現在のものです。
事情により内容が変わる場合がございます。
商品のお取り寄せをご利用時、別途送料がかかる場合があります。あらかじめご了承ください。

『家庭画報』2022年11月号掲載。
この記事の情報は、掲載号の発売当時のものです。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

3月号 2月1日発売

私の最高レストラン

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading