美味手帖

“相手さんが喜ばれるもの”がマイルール。料理研究家・後藤加寿子さん「とっておきの手土産」5選

家庭画報の手土産 第14回(全28回) 美しく、そして美味しい手土産は、私たちにとって相手を大切に想う心を伝える必携アイテムです。この特集では家庭画報ゆかりの皆さまや、家庭画報編集部の「美味手帖」から選りすぐりのアイテムを、セレクトしたエピソードとともにご紹介します。前回の記事はこちら>>

手土産上手の美味手帖より「私が今贈りたい、とっておき」

日頃から美味しい手土産を贈り贈られているみなさんが、虎の巻ともいえるご自分の美味手帖から、今贈りたい、とっておきの品々を教えてくださいました。

旅で出合った好みの味を分かち合う

後藤加寿子さん(料理研究家)
京都市生まれ。懐石料理の第一人者であった母・千 澄子さんのもと、日本料理を学ぶ。和食を次世代に伝えるための活動機関「和食文化国民会議」副会長。7月に次女のすみれさんとともに東京・広尾に和食店「日日の料理 びおら」をオープン。著書多数。撮影/鈴木一彦

旅で出合った好みの味を分かち合う

仕事でもプライベートでも旅をすることが多く、手土産に選ぶのも、行く先々で出合った美味しいものが多いという後藤加寿子さん。今回は生産地の都道府県がすべて異なる5品を選んでいただきました。

「最近惹かれるのは、美味しいのはもちろん、商品の誕生や材料にストーリー性がある品です。誰かに伝えたくなる物語がある商品って、魅力的ですよね」。

後藤さんが手土産を贈る際のマイルールは、「自分の好みを押しつけるのではなく、相手さんが喜ばれるものを」。仕事場への差し入れなら、個包装で分けやすく、手を汚さずにつまめるもの。和菓子をいただくお茶席の水屋に届けるなら、かぶる可能性のない洋菓子やフルーツ、笹巻きずし。個人への手土産は甘党か辛党かなどを考慮しつつ選びます。

「ご家族構成もヒントになります。実家はいただきものの多い家だったんですが、その中にいつも『お子達へ』と熨斗に書かれた『泉屋』の大きなクッキー缶があって。とても嬉しくて、いまだによく覚えています。ときには、ご家族あてに差し上げるのも一案ではないでしょうか」。

下のフォトギャラリーで詳しくご紹介します。

〔特集〕家庭画報の手土産

01 家庭画報の手土産

02 和栗モンブランの「マロン御三家」

03 この秋に食べたい「モンブラン」

04 見た目の美しさに心躍る「絶景モンブラン」4選

05 中山秀征さん・白城あやかさんご夫妻と美味名店へ

06 「洋菓子ゴンドラ」のパウンドケーキ

07 散歩の途中に寄りたい「宝来屋本店」

08 中山秀征さん 白城あやかさんご夫妻と神楽坂へ

09 「神楽坂 五十鈴(いすず)」の職人技光る甘納豆

10 季節やシーン別にチーズを選んで詰め合わせ

11 中山さん&白城さんの“マイ・ブーム”な手土産

12 家庭画報編集部の「定番手土産」5選

13 トップメゾンの「美スイーツ」

14 後藤加寿子さん「とっておきの手土産」

15 穐原かおるさん「とっておきの手土産」5品

16 森下典子さん「とっておきの手土産」4品

17 なか又の「ふわふわ わぬき」

18 「七里香」のロースト小麦胚芽どら焼き

19 「どらやき 亥ノメ」ハッと驚く手土産を

20 「どらやき キツネイロ」の個性派どら焼き

21 食べ比べも楽しい おはぎ5選

22 「富士見堂」のあんこ天米

23 「杉戸煎餅」の揚げかき餅

24 「淡平」のお煎餅

25 尽きない美味しさが魅力の「吹き寄せ」

26 傑作・吹き寄せ9選

27 IKKOさんの「とっておきの手土産」5品

28 コシノジュンコさんの「とっておきの手土産」4品


この特集の掲載号
『家庭画報』2022年11月号

『家庭画報』2022年11月号

撮影/本誌・西山 航 スタイリング(背景)/阿部美恵 取材・文/清水千佳子

※特集内でご紹介する商品の情報、価格は2022年9月7日現在のものです。
事情により内容が変わる場合がございます。
商品のお取り寄せをご利用時、別途送料がかかる場合があります。あらかじめご了承ください。

『家庭画報』2022年11月号掲載。
この記事の情報は、掲載号の発売当時のものです。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

3月号 2月1日発売

私の最高レストラン

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading