美味手帖

蜜を楽しめる店としてオープンした「甘味みつや」の“いまどき”のあんみつ

極上のあんみつ 第14回(全16回) 涼をもたらす見た目に、体に沁みる優しい甘さ。盛夏にぴったりの大人の甘味をお届けします。前回の記事はこちら>>

甘味みつや

甘味みつや

陰の立役者に注目。蜜を味わう

最後に味を決めるのは蜜。同じ黒蜜でも、使用する黒糖の産地や煮詰め方によって、個性の違いが出てきます。あっさり派、とろり濃厚派、乳酸菌入りと各店、工夫を凝らしています。

黒糖に和三盆を加えた上品な蜜

蜜を楽しめる店としてオープンしたのが今から3年前。作りたて、モチモチの白玉が評判を呼び、人気を集めました。あんみつの餡、寒天、白玉、あんず。この4種類はすべて自家製です。

寒天と白玉が大ぶりなのは、食感の楽しさを感じてほしいから。生のあんずから作った甘煮のフレッシュ感もたまりません。

自慢の蜜は、波照間島の黒糖と和三盆糖を煮詰め、コクのあるきれいな後味になるよう仕上げています。どれも丁寧に作られていて、ナチュラルな味わい。「いまどき」のあんみつの登場です。

甘味みつや

白木のテーブルと椅子、作家もののシンプルな器。きものでお出かけのカップルもちらほら。

Information

甘味みつや

東京都台東区浅草1-32-13

TEL 03(6802)7710
営業時間 12時〜16時30分LO(完売次第終了)
定休日 不定休
  • 黒みつ白玉あんみつ(杏)900円

撮影/南都礼子 取材・文/北村美香

『家庭画報』2022年8月号掲載。
この記事の情報は、掲載号の発売当時のものです。

Pick up注目記事

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

【創刊777号記念】11月号 10月1日発売

家庭画報の手土産

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading