美味手帖

「ツルヤ軽井沢店」売れ筋ランキング不動の1位は?ヒット商品誕生の秘密

軽井沢の秘密 第17回(全25回) 恵まれた自然の中で、趣味や「森の生活」を愉しもうとする優雅なライフスタイル、食道楽をうならせる美味、軽井沢人だけが知るスポットなど、知られざる軽井沢の秘密に迫ります。前回の記事はこちら>>

ツルヤ軽井沢店

ツルヤ軽井沢店

採れた果実を最大限生かした伝説のヒット商品

今では手土産を求めて立ち寄る観光客が絶えないスーパーマーケット「ツルヤ」軽井沢店。圧巻なのは、広大な売り場面積を占めるジャム群でそのラインナップは70種を超える勢い。人気の絶えない秘密をお聞きしました。

売れ筋ランキング不動の1位は、信州産りんごのすりおろしにバターを加えて炊いた四季の香り「りんごバター」。次ぐ2位は、果実分70パーセントのまるごと感がプレミアムな「信州産ふじりんごバター」なのだそう。

そもそも果物は天候や災害により収穫量の増減や傷みが出やすく、生産者は売れ残りリスクと戦っています。そこでツルヤの秘策の一つが「全量買取」の考え。採れた果実を最大限生かすべく、生食用としては売れないもの(味はいいが見た目が悪い)を加工品に。これが値頃感と安心感を備えたヒット商品誕生につながっています。

「第二のジャム」と愛されるドライフルーツもその一つ。こだわりの製法で果物のおいしさが凝縮しています。さらに今年このレモンを使ったはちみつ漬けが登場。新たな出会いを楽しんでみませんか。

人気ジャムベスト8

ツルヤ軽井沢店
(2021年調べ。表示は本体価格)

1.四季の香り りんごバター
(140グラム)279円 信州産りんごのすりおろしをバターで炊き上げた、口溶けのいいなめらかなスプレッド。

2.ツルヤプレミアム果実まるごとジャム 信州産ふじりんごバター
(155グラム)379円 糖度を40度に抑え、果実分70パーセントのまるごと感を実現。材料は信州産ふじりんごを厳選。

3.四季の香り くるみ
(130グラム)279円 焙煎香をまとったくるみの程よい苦みと皮を食べたときの独特の渋みを残し甘さと調和。

4. 四季の香り 西尾抹茶バター
(140グラム)279円 着色料や添加物を一切不使用の抹茶「松鶴みどり」(愛知県西尾市の松鶴園製)使用。風味を生かすべく低糖度(37度)に。

5.ツルヤプレミアム果実まるごとジャム 信州森のあんず
(155グラム)379円 長野県森地区で採れたあんずを厳選。糖度40度、果実分70パーセント。

6.ツルヤプレミアム果実まるごとジャム 九州産あまおう苺ジャム
(155グラム)379円 九州産「あまおう」を厳選。

7.オールフルーツ いちごジャム
(145グラム)279円 無添加を実現するべく砂糖と酸味料に代わってぶどうとレモンの濃縮果汁に。

8. パンがおいしい のりバター
(120グラム)299円 国産黒海苔を使用。化学調味料・着色料等不使用で海苔の風味が生きる、新感覚のパンにおいしい海苔の佃煮。

※1~8は人気順です。

第二のジャム「半生ドライフルーツ」ベスト3

ツルヤ軽井沢店

1.やわらかドライフルーツ 輪切りレモン
269円 半生製法とは真空濃縮釜を使い果物を低温で優しく蜜煮した後、時間をかけて低温乾燥させた製法で、果物のおいしさが凝縮。

2.やわらかひとくちドライフルーツ シナノスイート
269円 半生製法で、本来のシナノスイートのおいしさを逃さないよう、風味と食感を残しもっちり柔らかな食感に。爽やかな酸味が特長。

3.やわらかひとくちドライフルーツ 信州白桃
269円 信州川中島平の白桃を、半生製法で。サラダ、ヨーグルト、シリアルに混ぜたり、ゼリーやケーキ、パン作りの素材としても有用。

下のフォトギャラリーでさらに詳しくご紹介します。

Information

ツルヤ軽井沢店

長野県北佐久郡軽井沢町長倉2707

TEL 0267(46)1811
営業時間 9時30分~20時(月曜~土曜。日曜は9時~)
定休日 定休日は不定期なのでHPでご確認ください。

〔特集〕軽井沢の秘密

01 軽井沢の秘密

02 ワインと現代アートでゲストをもてなす喜び

03 カーリングで世界を目指す、瀧本裕香さんの軽井沢ライフ

04 山野草を愛でるトレッキングで軽井沢を楽しむ

05 予約制・隠れ家的空間のワイン蔵

06 評判の新店「ラ・テーゴラ」&「ラ・チェルクア(食材店)」

07 評判の新店「軽井沢くろいわ 無二」。若き店主が新潮流を目指す

08 注目の新店「薪焼 かけはし」自由自在な薪焼料理

09 「ホテルインディゴ軽井沢」の薪火イタリアン。信州ポークや軽井沢野菜をワインと

10 軽井沢野菜が人気の「柳沢農園」が手がけるレストラン

11 軽井沢「スピサ」の薪窯ピッツァ

12 焼きたてパンと、テラスでスイーツを。「パティスリー・サダハル・アオキ・パリ アトリエ軽井沢店」

13 美食の館「ザ・ひらまつ軽井沢 御代田」の7人の個性派ソムリエに注目

14 「星のや軽井沢」特別企画。料理長を独占して、一日一組の秘密のディナーを

15 愛される老舗の“おいしい”理由「軽井沢デリカテッセン」

16 熱烈なファン多数。軽井沢「鳥勝商店」の若鶏の丸焼

17 「ツルヤ軽井沢店」売れ筋ランキング不動の1位は?ヒット商品誕生の秘密


この特集の掲載号
『家庭画報』2022年8月号

『家庭画報』2022年8月号

撮影/角田 進 取材・文/冨部志保子

『家庭画報』2022年8月号掲載。
この記事の情報は、掲載号の発売当時のものです。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

9月号 8月1日発売

次の九州は“美味しい”を訪ねて

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading