美味手帖

自信をもっておススメします! 家庭画報オリジナルの清涼感たっぷりな豆かんと甘夏缶をお取り寄せ

「家庭画報ショッピングサロン」パンダ社長の「おいしく暮らすヒント」

雑誌『家庭画報』編集部で料理班に在籍四半世紀のパンダ社長が、厳しい目で選んだとっておきの「おいしいお取り寄せ」を熱狂的にお勧めするコラムです。一覧はこちら>>

家庭画報の豆かん

手前味噌ですが、家庭画報ショッピングサロンのロングセラー、ご紹介します

豆かんと甘夏缶は、長い間家庭画報ショッピングサロンのお客さまに支持されるロングセラー商品です。どちらも「さっぱり」として「甘さ控えめ」「素材の味が際立つ」本物の味として人気です。初夏から初秋にかけては特にご注文が多く欠品も出るほど。皆さまにぜひ知っていただきたい2品です。この2品を合わせたスペシャルデザートも思いがけないおいしさです。

豆、蜜、寒天すべて国産にこだわった、豆かんの真骨頂

家庭画報の豆かん
国産の天草を煮詰めて作った寒天、北海道産の赤えんどう豆、沖縄産の黒糖で作った黒蜜。三位が一体となってさっぱりと飽きがこず、いくらでもいただける味になっています。

繰り返し試食をして、赤えんどう豆と寒天の分量にもこだわりました。赤えんどう豆はちょっと固めに煮てあり、噛むほどに豆の味が際立ち、さっぱりめの黒蜜も相まってリピーターが多く、15年以上のロングセラー商品となっています。

家庭画報の豆かん
家庭画報の豆かん豆かんは豆かんてんの略で、浅草の甘味処が元祖とか。甘さ控えめでさっぱりとしています。夏のおやつにはぴったり。詳しくはこちら>>

フレッシュ!採れたてをそのまま閉じ込めた家庭画報の甘夏缶

家庭画報の豆かん
甘夏は夏みかんの枝変わりとして熊本県で発見された品種です。熊本県で栽培され始めたのは昭和24年のこと。子供の頃お砂糖をかけていただいた思い出がある方も多いのではないでしょうか。

ただ甘いだけではない、酸味と甘みに少々の苦み。なによりみずみずしさが懐かしく嬉しいのが甘夏ですよね。家庭画報の甘夏缶は熊本県産のものを旬に収穫し、ひと房ずつ丁寧に薄皮をむいたものを甘さ控えめのはちみつ入りシロップに漬けたもの。スッキリ、爽やかな大人の味です。

家庭画報の豆かん家庭画報の甘夏缶
薄皮がむきにくい甘夏を、ひと房、ひと房丁寧にむいて甘さ控えめのシロップ漬けに。はじけるような食感です。ヨーグルトなどのトッピングやサラダにも。詳しくはこちら>>

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

9月号 8月1日発売

次の九州は“美味しい”を訪ねて

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading