美味手帖

シャンパーニュをもっとおいしく!わが家で楽しむための「便利グッズ」

わが家で味わうシャンパーニュ 第9回(全10回) この夏は自宅で心置きなく“泡の時間”を過ごしてみてはいかがでしょうか?まず基礎知識を身につけたうえで、専門家2人が選んだシャンパーニュの味わいや香りの特徴を知り、メゾンの歴史に触れながら、気になる1本を見つけてください。前回の記事はこちら>>

便利グッズでシャンパーニュをもっとおいしく!わが家で素敵な“泡の時間”を

ここまでで飲んでみたいシャンパーニュが見つかったら、さあ、家で泡の時間を。好みの音楽や映画とともにリラックスして味わうシャンパーニュはレストランで飲むのとは違った味わいになるはず。そんなときに役立つ便利グッズをご紹介。

飲み残しを最大2週間保存してくれる「コラヴァン・スパークリング」

便利グッズでシャンパーニュをもっとおいしく

今夜は夫婦2人、最初はシャンパーニュで乾杯、その後、白も赤も……となると、シャンパーニュ1本は飲みきれない、炭酸が抜けてしまうので保存はできないし、と困っている人は多いのでは?

コルクを抜かずにボトルからワインが注げる画期的なツール「コラヴァン」ブランドから、スパークリングワイン専用ツールが開発されました。

コルクは通常どおり抜栓し、飲み終わったらストッパーをのせ、ガスカプセルを入れた本体をのせて短時間押すだけ。最長2週間鮮度を保持するので、憧れのヴィンテージ・シャンパーニュを、毎日グラス1杯ずつ楽しむこともできます。2022年秋発売予定。本体×1、専用ストッパー×2、炭酸ガスカプセル×4のセットで8万8000円(予定価格)

便利グッズでシャンパーニュをもっとおいしく
本体のカバーを開け、炭酸ガスカプセルを入れる。カプセル1本で最大7本の標準ボトルに使用可能。ストッパーをボトルにのせ、ハンドルを下げる。本体をのせて真下に押し、圧力計が緑→赤→緑に変わったらガス注入完了。

シナジートレーディング
TEL:0800-888-4449
https://www.synergytrading.co.jp/

グラス洗浄、保管はおまかせして安心「グラズマターズ」

便利グッズでシャンパーニュをもっとおいしく

繊細なグラスでいただくシャンパーニュは格別、でもグラスの扱いに不安が……というかたに朗報!

ワイングラスの洗浄から運搬、収納・保管までおまかせの合成樹脂製ラック「グラズマターズ」は、底につけられた弾力性のある素材と、その形状により、グラス落下時の衝撃を吸収。連結もでき、食洗機にも入れられます。

Sサイズ(径9.3×高さ26センチのグラス2客分に対応)2090円~、Lサイズ(径11.7×高さ27センチのグラス2客分に対応)2420円~(グラスは別売り)

ヴィレッジ・セラーズ
TEL:0766(72)8680
https://www.village-cellars.co.jp

往年の名作から近作まで映画を彩るシャンパーニュ

便利グッズでシャンパーニュをもっとおいしく
『カサブランカ』より。2人の恋を引き立てていたのが、ピアノ弾きサムの「アズ・タイム・ゴーズ・バイ」。写真:mptvimages/アフロ

第二次世界大戦中に製作された『カサブランカ』は、今も色あせることのない名画。ハンフリー・ボガート演じるリックとイングリッド・バーグマン演じるイルザが、名セリフ「君の瞳に乾杯」とともにグラスを合わせるシーンに『G.H.マム・コルドン・ルージュ』が登場します。ドイツにより明日パリが陥落するという場面に、フランスが第一次世界大戦で敗戦国ドイツから敵国資産として没収したメゾンのシャンパーニュを出すところに意味があり、監督の思惑が垣間見えます。

ゲイリー・オールドマンがアカデミー賞主演男優賞を獲得した映画『ウィンストン・チャーチル』には、ジョージ6世とチャーチル首相の昼食シーンに『ポル・ロジェ1928』が登場。映画の撮影に協力したポル・ロジェが古い文献、資料から当時のヴィンテージを調査し、ラベルも複製して提供しました。チャーチルの死後、オマージュとして1984年に『キュヴェ・サー・ウィンストン・チャーチル1975』がリリースされました。

便利グッズでシャンパーニュをもっとおいしく
『ウィンストン・チャーチル』より。チャーチルは愛馬にもポル・ロジェと命名するほどで、同家と深い絆で結ばれていた。©2017 Focus Features LLC.All Rights Reserved. 写真提供:ジェロボーム

「ガストロノミー“ジョエル・ロブション”」にて、シャンパーニュと料理のマリアージュを楽しむ「セブンアカデミー」の会を開催予定。詳細は家庭画報8月号をご覧ください。

表示価格はすべて税込みです。

監修・取材・文/青木冨美子 撮影/石井宏明 スタイリング/阿部美恵 料理/笹島ゆり 取材協力/高丸智天 ワイングラス協力/リーデル(リーデル青山本店) ファブリック協力/マナトレーディング

※日本では「シャンパン」と呼ばれることが多いChampagneですが、本特集ではフランス語の発音に近い「シャンパーニュ」と表記しています。

『家庭画報』2022年7月号掲載。
この記事の情報は、掲載号の発売当時のものです。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

8月号 7月1日発売

軽井沢の秘密/極上のあんみつ ほか

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading