美味手帖

「甘酒二段仕込み」による味と香り。「ヒガシマル醤油」限定醸造の淡口(うすくち)醤油

毎日の食卓を ランクアップさせる「美味のお取り寄せ」2022年夏

家族で囲む食卓にも、お客さまを招いてのティータイムにも。おいしいものを味わう幸せな時間を紡ぎ、その特別感に会話も弾む、お取り寄せで楽しむ選りすぐりの美味をご紹介します。

「甘酒二段仕込み」による味と香り。「ヒガシマル醤油」限定醸造の淡口(うすくち)醤油「龍野乃刻(たつのとき)」の魅力を堪能するなら、ぜひ刺し身で。白身の淡い味わい、帆立貝やいかなどの甘み、赤身のコク、それぞれの味が引き立ち、あと味はまろやか。

「龍野乃刻(たつのとき)」は、播磨の小京都と謳われる兵庫県龍野で400年の間伝統の味を守り続けてきた「ヒガシマル醤油」が、“究極の醤油”を目指して年に一度だけ醸造する淡口醤油です。

「龍野乃刻」をオンラインショップで今すぐ予約する>>

小皿に垂らした瞬間、ハッとするような透明感ある美しい色から伝わってくるのは、その特別感。凜とした風味は刺し身をはじめ、ローストビーフやステーキといった牛肉料理にも合い、煮物などに使えば色よくすっきりとした仕上がりに。上等な醤油は、こんなにも繊細に食材を引き立てるのかと感動を覚えます。

原料となる大豆、小麦、米、赤穂の塩はすべて選び抜いた播磨産。“春に仕込んで秋に搾る”伝統製法を踏襲しつつ、新たに開発された、もろみの熟成途中と熟成後の二段階に分けて甘酒を加える「甘酒二段仕込み」製法で、より深い旨みと風味を引き出します。手間と情熱をかけて造られる特別な醤油が、日々の食卓をランクアップさせてくれます。

表示価格はすべて税込みです。

撮影/本誌・坂本正行 スタイリング/梶井明美 取材・文/鈴木博美

『家庭画報』2022年7月号掲載。この記事の情報は、掲載号の発売当時のものです。

今回ご紹介した商品をはじめ、家庭画報・料理班が見つけたおいしいものを発信するインスタグラム「美味しい! 家庭画報」(@bimi_kateigaho)はこちら>>

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

8月号 7月1日発売

軽井沢の秘密/極上のあんみつ ほか

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading