美味手帖

コーヒーとも好相性な「日本橋錦豊琳」のかりんとう。多彩な味わいはギフトにも

毎日の食卓を ランクアップさせる「美味のお取り寄せ」2022年夏

家族で囲む食卓にも、お客さまを招いてのティータイムにも。おいしいものを味わう幸せな時間を紡ぎ、その特別感に会話も弾む、お取り寄せで楽しむ選りすぐりの美味をご紹介します。

コーヒーとも好相性な「日本橋錦豊琳」のかりんとう。多彩な味わいはギフトにも左上から時計回りに、「和風だし」、「黒糖」、「きんぴらごぼう」、「野菜」、「むらさきいも」、「みたらし」。どれにしようか迷うのも楽しい。

古くから人と物が集まる商業の中心地であり、文化拠点として発展した東京・日本橋。なかでも目利きが集まる問屋街として栄えた日本橋小伝馬町にルーツを持ち、この地にのれんを掲げる「日本橋錦豊琳」は、伝統的なお菓子に今様の風を吹き込み新たな魅力を発信しています。

「日本橋錦豊琳」の美味をオンラインショップで今すぐお取り寄せ>>

人気は素材の自然な風味を生かした優しい甘さのかりんとう。コクと旨みが凝縮した定番の「黒糖」のほか、ピリッと辛みの効いた「きんぴらごぼう」や、彩り豊かな「野菜」、ほんのり甘い「むらさきいも」、はちみつ醬油たれを贅沢に使った「みたらし」、かつおだしが香る「和風だし」といった、今まで出会ったことのない多彩な味のバリエーションが特徴です。

じっくり自然発酵させてから3度揚げする生地には、厳選された国産小麦のみを使用。各味の個性に合わせて太さ、細さを変えた、カリッと軽やかな食感は、日本茶はもとよりコーヒーにもよく合います。どこか懐かしいのに新鮮な、あとひくおいしさを味わえます。

Information

日本橋錦豊琳(にほんばしにしきほうりん)

表示価格はすべて税込みです。

撮影/本誌・坂本正行 スタイリング/梶井明美 取材・文/鈴木博美

『家庭画報』2022年7月号掲載。この記事の情報は、掲載号の発売当時のものです。

今回ご紹介した商品をはじめ、家庭画報・料理班が見つけたおいしいものを発信するインスタグラム「美味しい! 家庭画報」(@bimi_kateigaho)はこちら>>

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

8月号 7月1日発売

軽井沢の秘密/極上のあんみつ ほか

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading