美味手帖

料理研究家・二階堂多香子さんの思い出に残るヴィンテージシャンパーニュとは?

My Delicious 喜ばれる手土産/二階堂多香子さん(料理研究家)

料理研究家の二階堂多香子さんは、外交官のご主人に伴って、19年間を6か国で過ごしました。そのうちの一つ、イランでの思い出を彩るのが「ニコラ・フィアット」のシャンパーニュです。

「イスラム教のイラン国内の店ではお酒が買えないので、特別なルートで取り寄せていました。わが家ではよくいろいろな国の女性をお呼びして、シャンパーニュと軽い食事の会を開いて喜ばれたものです」。

ニコラ・フィアット

選び抜かれたグランクリュのピノノワール50パーセント、シャルドネ50パーセントを使用したエレガントな味わい。10年間長期熟成させることで豊かな仕上がりに。ブリニはクラッカーの代わりになるよう小さく焼き、キャビアやサーモンを巻いていただく。「外国のかたがたはこのサイズを見て、日本人らしいと喜ぶのですよ」と二階堂さん。

そんな思い出深いニコラ・フィアットの中でも、ぶどうのできが最高の年に造られるのが「パルム・ドールブリュット」です。特別な味に添えるのは、小さめに焼いたブリニと、実はイランの隠れた名産品というキャビア。

パルム・ドール ブリュット 2008

高級感のあるシックなボトルは、特別な贈り物にも。「パルム・ドール ブリュット 2008」2万1020円/ニコラ・フィアット

「当時は自由に外に出ることが難しい時代。そんな中、おうちで華やかな泡を囲むと気持ちが明るくなりました」。

シャンパーニュがもたらす喜びの時です。

二階堂多香子さん

二階堂多香子(にかいどう・たかこ)さん
Takako’s Kitchen主宰。海外生活で学んだ各国料理やテーブルコーディネート、おもてなしが人気。近著は『あなたがもっと素敵に輝くまた会いたくなる人のマナー』。

Information

日本酒類販売株式会社

表示価格はすべて税込みです。

撮影/本誌・坂本正行(静物) Naoya Yamaguchi(人物)

『家庭画報』2022年2月号掲載。
この記事の情報は、掲載号の発売当時のものです。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

6月号 4月30日発売

絶景の開運スポットへ

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading