美味手帖

おすすめは、納豆×バルサミコ酢。君島十和子さんの美の秘訣は「朝ごはん」にあり

「本物印」の食材で最高の朝ごはん 第14回(全16回) 食は命をつくるもの。とりわけ一日の活動を始めるエネルギーを補給する朝ごはんには心も体も喜ぶものを食べたいものです。真っ当な食材・食品さえあれば、献立はごくシンプルでよい。理想の朝ごはんにふさわしい「本物印」の食材・食品を日本全国で探しました。前回の記事はこちら>>

食の賢者が食べている
私の「本物印」の朝ごはん

温かいおかゆで胃腸を起こす。朝の習慣です 君島十和子さん

温かいおかゆで胃腸を起こす。朝の習慣です

温かいおかゆで胃腸を起こす。朝の習慣です 君島十和子さん

君島十和子さん(美容家)

「東洋医学の先生に冷えに弱い体質と診断されて以来、朝はまず、土鍋で炊いたおかゆで体を中から温めます」と君島十和子さん。

「栄養価が高く、消化のいいおかゆに薄味のだしや梅干しを加えて、『胃腸を温めて起こす』感覚でいただいています。お米は銘柄米の食べ比べセットをいただいたときに出会った『龍の瞳』。粒が大きく、おいしいお米で、初めて食べたとき、家族全員が感激しました。

オメガ3脂肪酸が豊富なカメリナオイルと、モデナ産のバルサミコ酢も朝食の大事なお供です。納豆にかけると臭みが消えて食べやすくなります」。

独特の風味のあるオイルは味のしっかりした料理に使うのがおすすめだそうです。

君島十和子さんのおすすめ3選

下のフォトギャラリーから詳しくご覧ください。

撮影/本誌・坂本正行 スタイリング/chizu 取材・文/清水千佳子

『家庭画報』2021年9月号掲載。
この記事の情報は、掲載号の発売当時のものです。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

10月号 9月1日発売

癒やしの絶景美術館

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading