美味手帖

かまぼこや、あま塩たらこ。「本物印」だけを厳選した“ごはんのお供の海産物”5選

「本物印」の食材で最高の朝ごはん 第11回(全16回) 食は命をつくるもの。とりわけ一日の活動を始めるエネルギーを補給する朝ごはんには心も体も喜ぶものを食べたいものです。真っ当な食材・食品さえあれば、献立はごくシンプルでよい。理想の朝ごはんにふさわしい「本物印」の食材・食品を日本全国で探しました。前回の記事はこちら>>

食の賢者が食べている
私の「本物印」の朝ごはん

 自然そのもののおいしさ。ごはんのお供の海産物 馬場香織さん

自然そのもののおいしさ。ごはんのお供の海産物

 自然そのもののおいしさ。ごはんのお供の海産物 馬場香織さん

馬場香織さん(料理研究家)

ご自宅でクッキングサロンを主宰する料理研究家の馬場香織さん。「生徒さんにおすすめする立場もあり、おいしくて体にいいものに出会えるよう、普段からアンテナを張っています」。

水産庁長官から「お魚かたりべ」に任命されている馬場さんおすすめの海産物は、化学調味料や保存料を使わず、丁寧に作られた自然の味わいです。

例えばおなじみ「鈴廣」のかまぼこは、種類豊富なラインナップがどれも無添加。炊きたてのごはんのお供は新潟県・村上「きっかわ」の塩引き鮭や「八島商店」のあま塩たらこ。山口県・長門にある「木村水産」のきざみわかめは、ごはんに混ぜ込んでおにぎりにするのもおすすめです。同じく木村水産の干物は、酒粕を使うことで深みのある味わいに仕上げます。

「体は口から入るもので成り立っていますから、作り手のかたのことを信じられる、真っ当な食材をいただきたいですね」。

馬場香織さんのおすすめ5選

下のフォトギャラリーから詳しくご覧ください。

撮影/本誌・坂本正行 スタイリング/chizu

『家庭画報』2021年9月号掲載。
この記事の情報は、掲載号の発売当時のものです。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

11月号 10月1日発売

京都の醍醐味

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading