美味手帖

今一度、見つめ直す毎日の食卓。真の意味でおいしくて、贅沢な朝食とは?

日本全国・情熱の生産者を訪ねて見つけた「本物印」の食材で最高の朝ごはん 第1回(全16回) 食は命をつくるもの。とりわけ一日の活動を始めるエネルギーを補給する朝ごはんには心も体も喜ぶものを食べたいものです。真っ当な食材・食品さえあれば、献立はごくシンプルでよい。理想の朝ごはんにふさわしい「本物印」の食材・食品を日本全国で探しました。

今一度、見つめ直す毎日の食卓。
真の意味でおいしくて、贅沢な朝食とは

「本物印」の食材で最高の朝ごはん

『家庭画報』では、自然との共生を第一に考え、真っ当な手法で情熱を込めて作られた食材を「本物印」と名づけて発信してきました。

甚大なる自然災害や環境問題の深刻化、予期せぬパンデミック。私たち人間は自然界の一部にすぎず、命ある生き物であることを再認識する今、持続可能な社会のためにできることは、やはり「家庭の食卓」を今一度見直すこと、「確かな目、舌」を持つ意識の高い生活者であり続けることだと考えます。

多種多様な食材や食品がある中、今回は健やかな一日の始まりに欠かせない「朝食」にスポットを当てたいと思います。

空、森、土、川、海、それを取り巻く生物……。すべてに敬意を払い、誰よりもおいしさを追求する「本物印」の食材・食品作りにまつわるストーリー。そしてそれらをごくシンプルにいただく、最高の朝ごはんをお届けします。

「本物印」の食材で最高の朝ごはん

北山農園を訪ねた狐野扶実子さんが、採れたての野菜を使って、手早くオープンオムレツとサラダの朝食を用意。地元の「青木養鶏場」の卵、「七富(ななとみ)チーズ工房」のモッツァレラチーズを使ったオムレツは、スライスしたじゃがいも、黒大根、にんじんのほか、ツルムラサキやニラ、チコリ、ナスタチウムの花、ヤブガラシやカキドオシなどをのせて。小さなプレートには21種類もの野菜とハーブが。搾りたての「いでぼく牛乳」とともに。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

11月号 10月1日発売

京都の醍醐味

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading