美味手帖

幸せな気持ちになれるハート型のサクランボ。青森生まれの「ジュノハート」

EDITOR’S REPORT 編集部員が街に溢れる情報の中から読者の皆さまに役立つものを厳選して紹介します。新しくオープンしたレストランやショップ、アイディアが光る新商品など、日々の暮らしをより楽しく、豊かにしてくれる情報をお届けします。記事一覧はこちら>>

ルビー色の大きなハート形、強い甘みと香り、程よい歯ごたえ。青森生まれの「ジュノハート」はサクランボ界の大型新人です。

原木が2005年の山火事をかろうじて免れた木であることから、幸運のサクランボともいわれています。

さくらんぼ

旬は7月。色鮮やかな果肉はやや硬めで適度な果汁があり、種がはがれやすく、食べやすいのも特徴。

原木

今も大切に保存されている原木。名前の由来は、家庭の幸福を司るローマ神話の女神・ジュノーと、形状のハート形。

甘みの強い「紅秀峰」と果実の大きい「サミット」を掛け合わせた新しい品種で、糖度約20度と甘く、酸味は少なめ。

サイズは国産品種のなかでも最大級で、直径28ミリ以上の3Lサイズが中心です。

さらに、希少性の高い直径31ミリ以上の4L、5Lサイズで色形も優れたものだけを「青森ハートビート」としてブランド化しています。

サイズ

最高峰「青森ハートビート」(左)は500円玉より大きい。右はLサイズの「佐藤錦」。

青森ハートビート

「青森ハートビート」2粒入り1箱1080円(参考価格)。ピンクの小箱に収まった姿は、宝石さながら。

開発者の久保 隆さんは「品種改良で作った約150種のなかで飛び抜けて品質がよかった」といい、生産者の一人である留目(とどめ)秀樹さんも「世界に通用する品種」と太鼓判を押します。

留目さんと久保さん

生産者の留目さん(右)と開発者の久保さん。

見て味わって、幸せな気持ちになれる青森の宝物「ジュノハート」。夏のギフトに最適な逸品です。

Information

青森県農林水産部総合販売戦略課ブランド推進グループ

表示価格はすべて税込みです。

『家庭画報』2021年7月号掲載。
この記事の情報は、掲載号の発売当時のものです。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

10月号 9月1日発売

癒やしの絶景美術館

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading