美味手帖

【美味のお取り寄せ】播磨産の原料のみで造る、年に一度の限定醸造淡口(うすくち)醤油

家時間をもっと豊かに、楽しく「美味のお取り寄せ」 家で過ごす時間が長くなる日々、ときにはいつもと違う美味を取り寄せて、気分を変えてみませんか。お茶の時間、料理する時間を豊かにする品は、贈り物としても喜ばれます。

ヒガシマル醤油「龍野乃刻(たつののとき)」

限定醸造淡口(うすくち)醤油 ヒガシマル
兵庫県龍野は「播磨の小京都」と謳われる城下町。風光明媚なこの土地は、淡口醤油発祥の地でもあります。「ヒガシマル醤油」は400年の長きにわたり、伝統の味を守り続けてきました。

その職人技を感じさせるのが、大豆、小麦、米、塩、水と播磨産原料のみで造られる“究極の淡口醤油”「龍野乃刻(たつののとき)」です。透明感のある美しい色合いで、深い味わいが印象的。豊潤な香りとキリリとしたうまみが際立ちます。

その魅力が存分に発揮される料理は、やはりお刺し身。白身は繊細なうまみが、帆立やいかは優しい甘みが引き立てられ、あと味にはまろやかさを感じます。煮物に使えば素材の色が生きてきれいに仕上がるのも、料理好きにはうれしい限り。

限定醸造淡口(うすくち)醤油 ヒガシマルふだんのお刺し身も「龍野乃刻」があるだけでランクアップ。淡泊な白身も、こくのある味わいのまぐろも、優しいまろやかさとシャープなうまみがバランスを取ってくれる。

この“特別な味”の秘密は、こだわりの「甘酒二段仕込み製法」にあります。通常、淡口醤油は、熟成後、もろみを搾る前に甘酒を加えて風味づけをしますが、「龍野乃刻」は、もろみが熟成している間と熟成終了後、二段階で甘酒を加えて、深い味わいと芳香を引き出しているのです。

限定醸造淡口(うすくち)醤油 ヒガシマル大豆、小麦、米、塩(赤穂)はすべて播磨産。上質な原料だけを厳選している。水は清らかな揖保川の伏流水を使用。鉄分が少ないので、熟成中に色が濃くならず、透明感のある色に仕上がるという。

限定醸造淡口(うすくち)醤油 ヒガシマル播磨の小麦畑。ピュアな味わいは、この自然の中から生まれる。

特別感のある味わいの淡口醤油は、卵かけご飯や冷ややっこなど、ふだんの食事をランクアップさせてくれ、家での楽しい食卓を約束してくれます。

限定醸造淡口(うすくち)醤油 ヒガシマル「牛肉のたたき」には、みょうが、紫芽などの薬味と柚子こしょうを添えて。「龍野乃刻」のすっきりとした風味が和牛の脂のうまみを引き出してくれる。「冬瓜の冷たい煮物 海老そぼろあんかけ」のような色合いの美しさが決め手の料理にもぴったりで、使い勝手も抜群。

Information

ヒガシマル醤油

  • 限定醸造淡口(うすくち)醤油 ヒガシマル

    「龍野乃刻」は年に一度の限定醸造。個包装なのでギフトにも。予約受付は2021年6月1日~10月末。お届けは11月上旬~。1836円(310ml×2本入り)

    URL:https://shop.higashimaru.co.jp/tatsunonotoki/2021/

    フリーダイヤル:0120-168-014

表示価格はすべて税込みです。
撮影/本誌・西山 航 フードスタイリング/福岡直子 取材・文/安齋喜美子

『家庭画報』2021年7月号掲載。この記事の情報は、掲載号の発売当時のものです。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

9月号 7月30日発売

「本物印」の食材で最高の朝ごはん

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading