レストラン

歴史を刻んだ日本家屋でモダンな九州フレンチを【福岡市】

東京、北海道、金沢、大阪、福岡ほか 名店の「昼膳」 第14回(全18回) 桜の便りとともに、本誌の人気特集、「昼膳」の最新版が完成しました。編集部が日本全国より厳選した名店の数々をご紹介。ぜひ長くご活用ください。前回の記事はこちら>>

※以下の記事は、『家庭画報』2020年4月号取材当時の情報です。営業状況は変更となっている場合もありますので、最新情報は公式ホームページ等でお確かめください。

【福岡】
気鋭店を訪ねる旅の楽しみ

ブーダンの実

スタートは、シグネチャー料理である「ブーダンの実」から。器には店の苔庭に見立てたグリーンをあしらい、ブーダンノワール風味の小さなアミューズを添えた。

【イノベーティブ・フレンチ ワタハン バイ フルユオンセン オンクリ】(福岡市)─フランス料理

博多の静かな住宅街の一角。重厚な門をくぐると、趣のある日本家屋と庭園が現れます。

ここは、かつての名士の住居の佇まいを生かした、隠れ家風レストラン。

甘鯛の松笠焼き

長崎産の甘鯛が主役の「甘鯛の松笠焼き」。佐賀産白ねぎや原木しいたけ、じゃがいものピュレとともに。

歴史を刻んだ日本家屋でモダン九州キュイジーヌを

老舗料亭としておなじみでしたが、2019年秋に佐賀県古湯温泉「ONCRI(おんくり)」のアンテナショップとしてリニューアルオープン。非日常が味わえる昼膳処として、早くも博多マダムから多くの支持を集めています。

旧母屋のダイニング

旧母屋のダイニングは天井を取り払い、あえて梁を出すことで広がりのあるスペースに生まれ変わった。

持ち味を残しながらも、開放感あるモダンな空間に改築したダイニング、燕尾服に白手袋という伝統的フランス料理店スタイルのサービスマン、とこの店ならではの魅力は数々ありますが、やはり白眉はイノベーティブな料理。

「ONCRI」で長年腕をふるった吉武大輔シェフが独特の世界観に溢れるコースを作り出します。

佐賀牛のグリル

メイン料理は「佐賀牛のグリル」。器も吉武シェフが有田に足を運んでセレクト。

「たとえば淡泊な甘鯛に濃厚なじゃがいものピュレを合わせたり。食材同士の組み合わせの面白さ、食感の楽しさにも心を配って料理を考えています。毎日、佐賀から朝採れ野菜や玄海灘の新鮮な魚介が届くので、食材を見てからメニューを変えることもあります」と吉武シェフ。

窓の外には美しい苔庭とほころび始めた桜の花。トラディショナルな空間でいただく斬新なひと皿もまた、味わい深いものです。

外観

歴史を重ねた門にモダンな暖簾がかかる。伝統と革新の融合をテーマにした店の想いが端的に感じられる。

イノベーティブ・フレンチ ワタハン
by FuruyuOnsen ONCRI

住所:福岡市中央区白金1-11-8
TEL:092(406)4975
営業時間:11時30分~14時(LO)、18時~20時30分(LO)
定休日:火曜
URL:https://watahan-oncri.com/
昼は2500円、3500円、6000円。夜は8000円、1万円、1万5000円。写真は昼6000円のコースより。
掘りごたつの和個室1室(8名)、洋個室1室(12名)あり。個室は昼6000円、夜1万円~のコースのみ利用可
※前日までに要予約

「#福岡」のトピックスはこちら
「#フレンチ」の記事一覧はこちら

この特集の掲載号
『家庭画報』2020年4月号

 

〔特集〕東京、北海道、金沢、大阪、福岡ほか 名店の「昼膳」(全18回)

01 和食の名店「懐石 小室」で楽しむ“花懐石”【東京・神楽坂】

02 ご主人の創意工夫が冴え渡る。「銀座 小十」で出合う新たな日本料理

03 「銀座 鮨青木」のご主人が満を持してオープン。美味と美酒の空間「離」

04 若き主人が蒐集した器づかいも楽しみの和食店「御料理 辻」【東京・麻布十番】

05 名物はからすみそば!和久傳料理長であった主人が腕をふるう和食店「おかもと」

06 「平河町 かなや」で“和敬洋讃”のモダン和食をゆったりと

07 温かな雰囲気と実直な味が自慢。路地裏の和食店「麻布 和敬(西麻布)

08 3つ星シェフが新天地、八ヶ岳へ。1回1組のみのレストランでシェフを独り占め

09 北の大地の豊かな味わいを求めて。話題の北海道フレンチ

10 金沢の昼膳で、北陸の海と山の恵みを存分に味わう

11 古民家の趣ある空間で里山の幸をゆったり堪能【大阪・高槻】

12 奈良の美味を味わうならこちら。食通も支持する実力派の和食店2軒

13 和歌山の豊かな食材を正統派フレンチで味わう。「レストラン オテル・ド・ヨシノ 」

14 歴史を刻んだ日本家屋でモダンな九州フレンチを【福岡市】

15 一面に敷き詰められたうにご飯! 北九州の地の幸を追求する「日本料理トビウメ」

16 料理にも握りにも。福岡育ちの個性が光るすし店「倉満」(宗像市)

17 主人の想いを込めた八寸が卓上に花開く。福岡の気鋭の和食店「御料理 古川」

表示価格はすべて税抜きです。

撮影/阿部 浩 構成・取材・文/露木朋子

※価格には別途サービス料や個室料金がかかる場合がございます。
※特集内でご紹介した料理は、食材調達の都合で変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。

『家庭画報』2020年4月号掲載。
この記事の情報は、掲載号の発売当時のものです。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2020年9月号 7月31日発売

九州を愛す

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading